ピカソ・モデル「オルガ・コクラヴァ」

オルガ・コクラヴァ / Olga Khokhlova

ピカソ第一夫人


「椅子に座るオルガ」
「椅子に座るオルガ」

概要


オルガ・コクラヴァ(1891年5月17日-1955年2月11日)はロシアのバレエ・ダンサー、パブロ・ピカソの最初の妻で、有名ポートレイト作品「椅子に座るオルガ」のモデルとしてよく知られている。


オルガ・コクラヴァはロシア帝国時代のニズフィンで生まれた。オルガはフランスでマダム・スローソンとの演技を鑑賞して、バレリーナになろうと決意。その後セルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエ団の一員として活躍するようになる。


1917年5月18日、ジャン・コクトー脚本、パブロ・ピカソが美術・衣装を担当するロシア・バレエ団が上演した『パラード』で、オルガはピカソと出会う。ピカソと出会ったあと、オルガはバレエ団を去り、南アメリカを旅行し、バルセロでピカソと暮らし始める。


ピカソは家族にオルガを紹介すると、ピカソの母はピカソに対して、外国人と結婚することに対して不安を感じると不満をもらしたので、ピカソはオルガをスペインの女として描いた作品『マンティラを着たオルガ』を見せたという。のちに、オルガはピカソとパリへ戻り、ル・ラ・ブティで暮らし始めた。

「マンティラを着たオルガ」
「マンティラを着たオルガ」

1918年7月12日にアレクサンドル・ネブスキー大聖堂でピカソと結婚、ジャン・コクトーとマックス・ヤコブが彼らの証人になった。結婚後、ピカソは生活費が必要になったため、ユダヤ画商のポール・ローゼンバーグと関係を持ち、真面目に絵の商売を考え始める。


ローゼンバーグはピカソに好意的だったので、ローゼンバーグ自身がパリでピカソたちが住むためのアパートの家賃を工面した。そのアパートはローゼンバーグの家の隣にあった。この出来事はピカソとローゼンバーグの兄弟レベルの深い関係で、ローゼンバーグは、ピカソの代理人となり巨万の富を築いた。この関係は第2次世界大戦まで続いた。

 

またオルガは、ピカソを上流階級の世界に連れて行き、ディナー・パーティなどで、1920年代のパリのリッチ層たちに紹介した。ただし、ピカソの自由奔放な性格なことが災いしてか、この上流階級の世界はピカソの肌にはあわず、オルガと衝突をしたという。

 

1921年2月4日に、オルガはピカソの長男ポールを出産。その頃からオルガとピカソの関係は亀裂が入り始める。1927年にピカソは17歳のフランス人女性マリー・テレーズ・ウォルターに熱を入れ始める。


オルガは友達からマリー=テレーズがピカソの子どもを身ごもっていることを聞くやいなや、息子のポールを連れて家を出て、南フランスで暮らす。ピカソに離婚を申請したものの、ピカソは相続問題を理由に離婚を拒否。その後、オルガは1955年にがんで死去するまで別居状態のまま過ごした。

あわせて読みたい

マリー・テレーズ・ウォルター
マリー・テレーズ・ウォルター
ドラ・マール
ドラ・マール
パブロ・ピカソ
パブロ・ピカソ