【作品解説】ユーリ・ノルシュテイン「霧の中のハリネズミ」

霧の中のハリネズミ / Hedgehog in the Fog

美しくも不気味なロシアの霧


概要


「霧の中のハリネズミ」は、1975年にソビエト連邦のユーリ・ノルシュテイン監督によるアニメーション。制作はモスクワのアニメーション制作会社ソユーズムリトフィルム。セルゲイ・コズロフの同名の著書「霧の中のハリネズム」をアニメーション化したもの。2006年にはコズロフと共著で「霧の中のハリネズミ」の絵本を出版している。


アニメーションの霧は、細かい紙片である。紙片を舞台上において、1フレームごとに少しづつカメラを動かすことによって表現されている。


内容は、小さなハリネズミが、友だちのコグマを訪ねる道中でさまざまな現象に遭遇する物語である。ハリネズミとコグマは、毎晩出会い、コグマの家でサモワール(給湯器)で淹れたお茶を飲んでいた。彼らはお茶を飲みながら一緒に星を数えるのだった。


ある日、ハリネズミははコグマの大好きないちごのジャムを持っていく途中、霧の中に美しい白い馬がいるのを発見する。ハリネズミは好奇心にかられて、霧のに入って行くと、自分自身の足も見えないほどの濃い霧に包まれて、ワシミミズク、ガ、コウモリなど怖い動物やカタツムリや犬などの優しい動物などさまざまな生物に出会う。


そこは、静寂とかすかな音、暗闇、そして背の高い草に覆われたシュルレアリスティックな世界だった。