【作品解説】サルバドール・ダリ「ツバメの尾」

ツバメの尾

The Swallow's Tail

ダリの最後の油彩作品


概要


「ツバメの尾」は、1983年5月に制作されたサルバドール・ダリの最後の油彩作品。


ガラが亡くなった1年後に「これが最後の絵だ。」と話して描き上げた作品で、その後、死ぬまでダリは絵を描いていない。ガラと昔見た燕の軌跡と数学者ルネ・トムの数学理論「カタストロフィ理論」を基盤にして制作されている。生前ダリは、トムのカタストロフィー理論を「世界で最も美しい数学理論」と絶賛していた


ルネ・トムは四次元空間理論において、7つの可能的な平衡面が存在することを提唱、「折り目」「カスプ」「ツバメの尾(スワロウテイル)」「蝶」「双曲的臍」「楕円的臍」「放物的臍」の「7つのカタストロフィー」要素が存在するという。


ダリの「ツバメの尾」というタイトルはこのトムの四次元空間理論から直接引用されており、また「カスプ」というSカーブ状になっている2つ目のカタストロフィ曲線と関連づけさせている。


トムの四次元空間モデルがチェロや楽器のFホールと並列されているのも特徴である。ただし、ダリの描くFホールは、本来中間にあるはずの小さな尖りがなくなっており、これは均等計算における積分の数学記号を暗示している。

積分記号
積分記号
cusp
cusp
Fホール
Fホール