【作品解説】サルバドール・ダリ「象」

象 / The Elephants

地上におけるどんな権力も宇宙では無力だ!


「象」(1948年)
「象」(1948年)

概要


「象」は、1948年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品。現在、プライベートコレクションとなっています。

 

“宇宙象”というダリが作った足の長い象は、「聖アントワーヌの誘惑」「目覚めの一瞬前、ザクロの実のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢」など、さまざまな作品に現れるダリの代表的なイコンの1つです。ほかに宇宙象が現れる代表的な作品としては、1946年に描かれた「聖アントワーヌの誘惑」があり、こちらの作品で初めて宇宙象が誕生したといわれれています。

 

本作では、これまでの作品ではあくまで脇役だった宇宙象が主題として扱われています。原題は「The Elephants」です。

 

強さと弱さを同時に表現してる


象は世界中のさまざまな場所や神話において、「支配」「強さ」「重さ」「権力」などを象徴するシンボルとして利用されてきました。しかし、ダリは「欲望がほとんど見えない多関節の足」として、力のシンボルである象に細長いひょろっとした、ほとんど蜘蛛のような足を付け加えて、強さと弱さの対比を表現しようとしました。

 

また、象の背中に巨大なオベリスク(古代エジプトの記念碑のようなもの)を背負わせることで、ひ弱な足と強度な背中のコントラストを強めています。なお、象が背負ってるオベリスクはバロック時代のイタリアの彫刻家であるジャン・ロレンツォ・ベルニーニの彫刻「ミネルバ・オベリスク」からの引用です。

 

 

しかし、この象をよく見ると、ほとんど足に地が付いておらず、むしろ浮遊しているように見えます。ダリが“宇宙象”という名前を付けて浮遊させているように描いている理由として「宇宙の無重力空間ではずっしりした重みの象でも軽々と浮いてしまうものだから」と話しています。「地上における権力(強さ)」と「宇宙における無重力(無力)」の対比を表現したかったのだといいます。

●参考文献

The Elephants-Wikipedia