ロシア・アヴァンギャルド

ロシア・アヴァンギャルド / Russian avant-garde

ロシア帝国・ソビエト連邦時代の前衛芸術


概要


ロシア・アヴァンギャルドは、ロシア帝国・ソビエト連邦時代に東欧からロシアにかけて流行した前衛美術ムーブメント。文学、演劇、美術、音楽、建築、映画、デザインなどの複数の領域を横断する表現形態で、シュルレアリスムとともに後世の芸術家たちに絶大な影響を与えた。


活動期間は一般的には1890年から1930年とされているが、広義的には1850年から1960年後半までとらえられている。1917年から1932年のロシア革命時代に最盛期を迎え、最も質の高い作品を生み出し、人々の支持を得た。


ロシア・アヴァンギャルドという名称は、当時のロシアで流行した複数の前衛美術の総称であり、シュプレマティスムロシア構成主義ロシア未来主義立体未来主義zaumネオ・プリミティヴィズムなどの言葉でも言い換え可能である。


ロシア・アヴァンギャルドの芸術家の多くは、現在のベラルーシまたはウクライナ(カジミール・マレーヴィチ、アレクサンドラ・エクスター、ウラジミール・タトリン、ワシリー・カンディンスキー、ダヴィド・ブルリューク、アレクサンダー・アーキペンコ)で生まれ、育っている。


1930年代になると、スターリン時代の政治的な抑圧や運動により終息を迎えた。



美術家 / デザイナー


・アレクサンドル・ロトチェンコ

・アレクサンダー・アーキペンコ

・ウラジミール・バラノフ・ルシーン

・アレクサンダー・ボゴマザフ

・ダヴィッド・ブルリューク

・ウラジミール・ブルリューク

・マルク・シャガール

・イリヤ・カスミック

・アレクサンドラ・エクスター

・ロバート・フォーク

・モイス・フェイジン

・パーヴェル・フィロノフ

・オーター・フォンビジン

 

・エル・リシツキー

・カジミール・マレーヴィッチ

・ポール・マンサールフ

・イリヤ・マスカヴ

・ミハイル・マチューシン

・ヴァディム・メラー

・アドルフ・ミルマン

・ソロモン・ニクリケン

・アレクサンダー・オスマルキン


あわせて読みたい

ロシア構成主義
ロシア構成主義
エル・リシツキー
エル・リシツキー