ダリと政治

フランコ独裁政権に近づきシュルレアリスムグループから追放


ダリとフランコ
ダリとフランコ

ダリは若い頃、アナーキズムと共産主義の両方の思想を持っていた。当初は第一次世界大戦に勃発したダダイズム運動のアナーキズムに忠実だった。その後、シュルレアリスム運動でトロツキストのアンドレ・ブルトンと関わっていくなかで、政治観は徐々に変化していく。


1970年の自伝でダリは共産主義の思想を捨て去り、アナーキズムとモラリストの両方の思想と述べている。


スペイン市民戦争の勃発で、ダリは戦火を逃れ、政治闘争に巻き込まれることを拒み、フランスへ逃亡。第二次世界大戦が勃発してドイツがフランスに侵攻すると、ダリはまたアメリカへ逃亡。このことでダリは大変な非難を浴び、ジョージ・オーウェルは「戦争前にはスペイン市民戦争からフランスに亡命し、またフランスで大変な恩恵を受けていたのに、フランスに危険が迫るやいなやネズミのように逃げる」と批判。


第二次世界大戦が終わりカタルーニャに戻ると、ダリはフランコ独裁政権に接近。フランコを支持する言動を行い、また実際にフランコに面会し、彼の孫娘のポートレイトも制作。そのためシュルレアリストたちから批判を浴び、ブルトンから追放される。ダリはフランコ政権下でカトリックに回帰し、その後、どんどん宗教的な方向へ向かっていった。

 

アナーキズムから始まり、レーニンを崇拝し、フランコ独裁政権を崇拝し、アメリカでドルの亡者となる、ダリは政治的にはまったく一定おらず、ほぼ日和見主義者だった。


あわせて読みたい

ダリと映画
ダリと映画
ダリとセレブ業界
ダリとセレブ業界
ダリと超現実オブジェ
ダリと超現実オブジェ
ダリと科学
ダリと科学