【作品解説】ルネ・マグリット「自由の扉で」

自由の扉で / On the Threshold of Liberty

さまざまなモチーフのパネルと一台の大砲


ルネ・マグリット「自由の扉で」(1929年)
ルネ・マグリット「自由の扉で」(1929年)

概要


「自由の扉で」は、1929年と1937年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。異なる主題やパターンが描かれたパネルが壁にはめられた部屋の絵です。

 

各パネルには、空、炎、木目、森、建物、装飾パターン、女性の胴体、鈴などが描かれており、これらはマグリットが作品中で頻繁に用いるモチーフです。そして部屋の中には一台の大砲が置かれています。

 

オリジナルの作品は、1929年に完成し、現在はロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に所蔵されています。セカンドバージョンが1937年に制作された本作であり、コレクターでマグリットのパトロンだったエドワード・ジェームズが購入して、現在はシカゴ美術館に所蔵されています。

「自由の扉で」(1946年)
「自由の扉で」(1946年)