アンダーグラウンド・コミックス

アンダーグラウンド・コミックス / Underground comix

X指定の自費出版漫画


概要


アンダーグラウンド・コミックスは小規模出版、または自費出版の漫画。社会風刺的な内容が中心だが、ほかに出版コードを取得して発行される主流漫画と異なり、ドラッグ、性、暴力など禁じられた表現を描いた作品群を指す。1968年から1975年にかけてアメリカで、イギリスでは1973年から1974年にかけて流行。配布されていた場所は、おもにヒッピー達が雑貨や大麻を販売していたヘッド・ショップである。

 

アンダーグラウンド・コミックスは、"Underground comix"という綴りだが、"comix"という綴りは、メインストリームの"comics"と区別するために造語された綴りであり、XはX指定のことを意味している。

 

ロバート・クラム、ギルバート・シェルトンをはじめ、多くの漫画作家がカウンターカルチャーシーン内で読者を獲得して地下作品を描いた。また音楽業界、特にパンクシーンにおいてもゲーリー・パンターのようなアングラ漫画作家を育て上げた。

 

1920年代後半から1940年代後半にかけて、匿名の作家たちが、人気漫画のキャラクターのエロパロ漫画を描き始めたのが、アンダーグラウンド・コミックスのルーツとされている。アメリカで1920年代から1960年代初頭まで生産された一群のポルノ漫画冊子『ティファナ・バイブル』が先駆的なアンダーグラウンド・コミックスで、この本では有名な漫画のキャラクターや、政治家、映画スターのエロパロが描かれている。

 

1960年代なかば頃から、初期アンダーグラウンド・コミックスらしき作品が散見されたが、頻繁に現れるようになったのは1967年以後である。代表的なのは、1968年にカリフォルニア州のサンフランシスコでロバート・クラムが、ハイト・アッシュブリー地区の路上で販売発行した自費出版漫画『Zap Comix』である。『Zap Comix』が一般的に「アンダーグラウンド・コミックス」というジャンルを流行らせ、独自の市場を作ったと考えられている。

 

『Zap Comix』1号が成功すると、ほかのさまざまなアンダーグラウンドマンガ作家の作品が掲載されるようになる。掲載された作家は、S.クレイ.ウィルソン、ロバート・ウィリアムス、スペイン・ロドリゲス、ギルバート・シェルトン、ほかにロックコンサートデザイナーのビクター・モソコソとリック・グリフィンの二人のアーティストである。これら初期メンバーの作品は、クラムとともに散発ながらも安定した形で登場し、Zap全体のイメージを最後まで維持し続けた。

 

あわせて読みたい

Zap Comix
Zap Comix
ロバート・ウィリアムス
ロバート・ウィリアムス
カウンターカルチャー1960s
カウンターカルチャー1960s
S・クレイ・ウィルソン
S・クレイ・ウィルソン