ジャン=ミシェル・バスキア

ジャン=ミシェル・バスキア / Jean-Michel Basquiat

新表現主義


概要


ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。

 

1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。

 

1980年代までにバスキアは、新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。

 

バスキアの芸術は"挑発的二分法"と呼ばれるもので、「金持ちVS貧乏」「分離VS統合」「外側VS内側」といったように二分法に焦点を当てるのが特徴である。バスキアは、歴史的な事や現代社会問題に対する批評を、詩、ドローイング、絵画などテキストとイメージを織り交ぜながら、抽象的また具象的に描く。

 

バスキアは、1人1人の深い真実を踏み台に、絵の中にそれらを社会批評として表現する。バスキアの詩は非常に政治的であり、人種差別や植民地主義を批判し、階級闘争を積極的に支援する。

 

1988年、27歳のときにスタジオでヘロインオーバードーズが原因で死去。

あわせて読みたい

バンクシー
バンクシー
サブカルチャー
サブカルチャー
アンディ・ウォーホル
アンディ・ウォーホル