【作品解説】アンリ・マティス「帽子の女」

帽子の女 / Woman with a Hat

フォーヴィスムの原点となったエポック作品


アンリ・マティス「帽子の女」(1905年)
アンリ・マティス「帽子の女」(1905年)

概要


フォーヴィスムの起源となる作品


「帽子の女」は、1905年にアンリ・マティスによって制作された油彩作品。80.65cm×59.69cm。1905年の第二回サロン・ドートンヌで展示するために描かれたもので、マティス周辺の画家たちが“フォーヴィスム”と呼ばれるきっかけとなったエポック作品です。現在はサンフランシスコ近代美術館が所蔵しています。

 

批評家のルイス・ボークセルズは、アンドレ・ドランやそのほかのメンバーたちと展示していた部屋で、その原色を多用した強烈な色彩の絵画とほかのマティスのルネッサンス風の彫刻を比較して、「この彫像の清らかさは、乱痴気騒ぎのような純粋色のさなかにあってひとつの驚きである。野獣(フォーヴ)たちに囲まれたドナテロ!」と叫んだといいます。ボークセルズのこのコメントは新聞『Gil Blas』の1905年10月17日号に掲載され、話題を呼びました。

 

また、マティスが初期に影響を受けていた印象派の分割描法からシフトしたターニング作品でもあります。

モデルは当時の妻アメリー


 モデルとなっているのはマティスの妻のアメリーです。

 

アメリーはフランスのブルジョアジー女性の典型的な象徴として、手の込んだ衣装を身につけて描かれています。手袋を身につけ、手には扇子を持ち、頭に豪華な帽子を被っており、彼女の衣装は非常に鮮やかな色合いで、純粋であり、豪奢な感じが出ています。

 

のちにマティスに、当時マティス夫人が絵のモデルをしているときに着ていた実際の服の色合いを尋ると「もちろん、チープなブラックさ」と答えたといいます。マティスによれば現実の色合いをリアルに描く必要なく、作者の心や感情を軸に、自由きままに色彩表現されていればよいのです。それこそが、フォーヴィスム表現なのです。

マティスとアメリー。
マティスとアメリー。

作品の所有者


作品はマティスやピカソのコレクターで知られるガートルード&レオ・ステインが購入しました。そのため当時は不評を買った作品でしたが、マティスにとって大コレクターが購入してくれたことは大きな励みになりました。

 

最終的にはガートルードとレオの弟のミヒャエルの妻であるサラ・ステインが購入者となりました。レオ・ステインは初めこの絵が好きではなかったようです。マダム通りにあったサラ&マイケル夫妻の自宅で、この絵が飾られていました。1950年代に作品はアメリカ、カリフォルニア州、パロ・アルトにあるサラの自宅の目玉作品として飾られていました。

 

その後、ハース一族が絵を購入し、1990年にエリス・S・ハースがサンフランシスコ近代美術館に「帽子の女」を含む約40のマティス作品を寄贈しました。