ミロ・モアレ「ケルンの大量女性暴行事件への抗議」

ケルンの大量女性暴行事件への抗議


概要


スイスのパフォーマンス・アーティストのミロ・モアレが、2016年1月8日、ケルンのランドマークであるケルン大聖堂付近でヌード・パフォーマンスを敢行。

 

「"Respect us! We are no fair game, even when we are naked!!!"(私達を尊重して!たとえ裸であっても、全く公正なゲームではない) 」と手書きで書いたプラカードを掲げた。

 

ミロ・モアレによれば、2015年の大晦日の夜、ドイツのケルンで大量に発生した性的暴行事件にもとづく女性の人権の支援を目的とした政治的主張だという。

 

ドイツでは、2015年の大晦日の夜、560人以上の女性が大勢の男に取り囲まれ、股間や胸をまさぐられる性的暴行や窃盗など650件以上の被害にあった。18人の難民申請者を含む32人の逮捕者が出た。

 

パフォーマンス当時、ドイツ警察は周囲に居合わせていたが、ミロ・モアレに対してこのパフォーマンスを止めさせることはなかった。逆にミロ・モアレのパフォーマンスに近づく男性たちに注意を払い、彼女に近づけないよう警備を行なっていた。

 

おそらく、過去に性的暴行事件を止めることができなかった警察の失敗を償うための行動だったと思われる。

あわせて読みたい