フランチェスカ・ウッドマン

フランチェスカ・ウッドマン / Francesca Woodman

早逝のシュルレアル・フォトグラファー


概要


フランチェスカ・シュテルン・ウッドマン(1958年4月3日-1981年1月19日)はアメリカの写真家。

 

女性モデルまたは自分自身をモデルにしたモノクローム写真が特徴。写真の多くはヌードでぼやけ、周囲の背景と境界性があいまいで融合したような状態で、顔は全体または一部が隠れた状態になっている。

 

ウッドマンは、象徴主義、シュルレアリスム、バロック、ファッション写真の影響を受けており、モロクロームと撮影地の無機質さもあいまって、どこか時代や時間を超越したものとなっている。

 

ウッドマンは異なるさまざまなカメラやフィルム形式を利用しているが、写真の多くは2-1/4✕2-1/4インチの四角の中判カメラを使っていた。少なくとも10000枚のネガを生存中に作成しており、それらは両親は保管している。ウッドマンの作品は両親とロンドンのヴィクトリア・ミロ画廊、ニューヨークのマリアン・グッドマン画廊が管理している。

 

現在、ネガのうち800枚ほどが印刷され、120ほどの作品が一般に流通したり、展示されている。ウッドマンの写真作品の多くは8✕10インチ(20✕25cm)のサイズで小さい。これは「鑑賞者と写真の間に親密な経験を生成するため」のサイズだという。

 

13歳のときから写真を撮り始め、若くから批評家から称賛され、注目を集めていたが、1981年の22歳で投身自殺。

 

ウッドマン作品リンク

TATE

artnet

 

参考文献

 

Wikipedia

TATE

あわせて読みたい

マン・レイ
マン・レイ
リー・ミラー
リー・ミラー
川島優
川島優
植田正治
植田正治