エロティック・アート

エロティック・アート / Erotic art

ポルノグラフィ


概要


エロティック・アートは情交風景、作者のフェティシズム表現、もしくは鑑賞者に対して性的興奮を呼び起こすことを目的した視覚芸術(ポルノグラフィ)である。日本の春画が代表的なエロティック・アートであり、絵画、ドローイング、彫刻、写真なども含まれる。

 

基本は雑誌を中心として商業媒体、もしくはアート・ワールドから外れた場所で作品を発表するケースが多く、梅棹忠夫のことばを借りれば「抑圧が見られず、象徴性・暗喩性が乏しいエロティシズム表現」である。

 

●おすすめ参考リンク(今後翻訳予定)

エロティック・アート

エロティックアートの歴史

ポルノグラフィ

 

作家


荒木経惟
荒木経惟
稲垣征次
稲垣征次
児雷也
児雷也
林月光
林月光

エゴン・ポルセト
エゴン・ポルセト
ザビア・ジャッカル
ザビア・ジャッカル
クロヴィス・トルイユ
クロヴィス・トルイユ
スチュ・ミード
スチュ・ミード

ピエール・モリニエ
ピエール・モリニエ
ミロ・モアレ
ミロ・モアレ
藤野一友
藤野一友
山本タカト
山本タカト

丸尾末広
丸尾末広
ハンス・ベルメール
ハンス・ベルメール