マリオン・ペック

マリオン・ペック / Marion Peck

マーク・ライデンのパートナー


概要


マリオン・ペック(1963年10月3日生まれ)はアメリカの画家、ポップシュルレアリスト。

 

フィリピンのマニラ生まれ。家族構成は4人姉弟の一番下で、父や母は世界中を旅してまわっており、ペックは幼少期をおもにワシントン州のシアトルで育った。

 

1985年、18歳でロードアイランド・スクール・オブ・デザインのBFAを取得。その後、ニューヨークのシラキュース大学とローマのテンプル大学で2つの異なるMFAを取得。2009年10月24日から、長年のパートナーである夫であるマーク・ライデンと結婚、ロサンゼルスで暮らしている。

 

 

ペックはおもにポップシュルレアリスム運動で名前を知られるようになり、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、パリ、シアトル、ローマなどでこれまで展示活動を行っている。またオレゴン州ポートランドで活躍するロックグループ『Sophe Lux』のアルバム『Waking the Mystics』に作品を提供。夫のマーク・ライデンと共著で『Sweet Wishes』という本を出版している。

 

公式サイト:http://www.marionpeck.com/