アルフレッド・スティーグリッツ

アルフレッド・スティーグリッツ / Alfred Stieglitz

前衛美術を育てたギャラリスト


概要


生年月日 1864年1月1日
死没月日  1946年7月13日
国籍 アメリカ
活動 写真、画廊経営、編集、批評
配偶者 ジョージア・オキーフ

アルフレッド・スティーグリッツ(1864年1月1日-1946年7月13日)はアメリカの写真家、編集者、批評家、近代美術のプロモーター、ギャラリスト。

 

近代写真のパイオニアでもあり、写真をこれまでの記録としてのメディアから、絵画のように表現としてのメディアへ高めた。

 

ニューヨークにおいて、いち早くヨーロッパの前衛芸術を扱い始めた画廊「291」のオーナーでもあり、パブロ・ピカソやアンリ・マティスをはじめ多くのヨーロッパの前衛芸術家を紹介。さらに、マルセル・デュシャン、フランシス・ピカビアなどのニューヨーク・ダダの活動拠点ともなった。

 

父親はドイツ系ユダヤ人の移民でアメリカで起業して成功。高校時代にアドルフ・フォン・メンツェルやウィルヘルム・ハセマンに出会い写真を教わり、写真に興味を持ち出す。1887年に雑誌に写真に関する論文投稿して採用されたのをきっかけに、写真の本格的な批評と活動を始める。

 

1897年に写真雑誌『カメラ・ノート』を出版。すぐに世界で最も注目される。

 

妻はジョージア・オキーフ。