ウンベルト・ボッチョーニ

ウンベルト・ボッチョーニ / Umberto Boccioni

速度とダイナミズムの前衛彫刻


「空間における連続性の唯一の形態」(1913年)
「空間における連続性の唯一の形態」(1913年)

概要


ウンベルト・ボッチョーニ(1882年10月19日-1916年8月17日)はイタリアの画家、彫刻家。前衛芸術運動「未来派」を支えた主要メンバーの1人として知られている

 

短い生涯にも関わらず、彼の造形のダイナミズムや脱構築的な構造は、死後も多くの芸術家に影響を与えており、作品は多くの美術館で展示されている。

 

1916年8月16日、騎兵隊訓練中に落馬して馬に踏みつけられ、その翌日に33歳で死亡。

 

1988年にメトロポリタン美術館がボッチオーニの大回顧展を開催し、100以上の作品が展示された。

「3人の女性」(1910年)
「3人の女性」(1910年)
「都市の夜明け」(1910年)
「都市の夜明け」(1910年)
「サイクリストのダイナミズム」(1913年)
「サイクリストのダイナミズム」(1913年)