寺田克也台湾初個展

寺田克也作品展

寺田克也台湾初個展



2016年6月4日から2016年7月3日まで、台北Wromg galley(靠邊走藝術空間)で寺田克也の作品展『寺田克也作品展』が開催。台湾での寺田克也の初個展となる。

 

寺田克也は1963年12月7日に日本の岡山県玉野市で生まれた。子供の頃は漫画家になるため、ほぼ独学で描き方の勉強を行う。デザイン学校卒業後、フリーとして漫画、イラストレーションなど多方面で才能を発揮し、現在まで活動を行う。

 

主要刊行物としては、漫画では『西遊奇伝大猿王』。画集では京都国際マンガミュージアムで開催されたカラーイラストや設定画など約300店を収めた『寺田克也 ココ10年展』図録、またアメリカで発売した画集『DRAGON GIRL & MONKEY KING』。ほかに、寺田克也のイラストレーション論『絵を描いて生きていく方法?』などが挙げられる。

 

ゲームやアニメーションでは『ヴァーチャフファイター2』や『ブラッド・ザ・ラスト・ヴァンパイア』のキャラクターデザイナーとして知られている。

 

最近では、京都、福島、海外ではロサンゼルスで作品展を開催。今回の台北の展示は台湾では初展示となる。

 

Facebookより