フランツ・カフカ

フランツ・カフカ / Franz Kafka

超現実主義、疎外、実存的不安、罪悪感、不条理


『変身』
『変身』

概要


生年月日 1883年6月3日
死没月日 1924年7月3日
国籍 オーストリア=ハンガリー二重帝国、チェコスロヴァキア
職業 小説家、保険会社社員

フランツ・カフカ(1883年6月3日-1924年7月3日)はドイツ語で文章を書く小説家

 

詳細な生い立ちは、オーストリア=ハンガリー二重帝国時代の一部だった旧神聖ローマ帝国の領邦であるボヘミア王国の首都であるプラハでドイツ語を話すユダヤ人として生まれた。

 

カフカは20世紀文学において最も重要な作家の一人と広く見なされている。カフカの作品は現実と幻想の要素が混在しているのが特徴で、孤独な主人公は、奇妙で、超現実的な苦境に戸惑い、不可解で不条理な社会や外部世界に直面する作風になっている。

 

一般的に「疎外」「実存的不安」「罪悪感」「不条理性」を表現していると解釈されている。

 

代表作は『変身』『審判』『城』。英語圏でカフカのような作品を思わせる作品は“カフカラスク”と呼ばれている。

 

カフカは幼少の頃から弁護士になるのを目指し、法学校を卒業後、保険会社に務める。この仕事の空き時間を使って小説を書いていたという。

 

人生の過程においてカフカは、家族や友人などに数百以上の手紙を書いている。結核のため1924年、40歳で死去。

 

カフカ生存中に出版された作品の数は非常に少ない。『熟考』『田舎医者』など一部は生存中に文学雑誌で掲載されて出版されているが、当時はほとんど誰も知らなかった。

 

カフカの未完作である小説『審判』『城』『失踪者』は、カフカの意向により友人のマックス・ブロッドによって捨てられる予定だったが、マックス・ブロッドは、カフカ死後に意向を無視して、それらを発表した。