パプロ・ピカソ「女性の胸像」

女性の胸像(マリー・テレーズ)

Bust of a Woman (Marie-Thérèse)


概要


『女性の胸像(マリー・テレーズ)』は1931年にパブロ・ピカソが制作した彫刻作品。当時のピカソの愛人マリー・テレーズ・ウォルターを表現している。2016年にアメリカの画商ラリー・ガゴシアンとカタール王室の間で所有権問題を起こした作品として知られている。

 

サルバドール・ダリのダブルイメージのような表現が使われており、鼻の部分がピカソのペニスになっており、ウォルターの額の上にもたれかかっている。

 

1年前にピカソが作っていた彫刻作品に『女性の頭部』があるが、一見すると題名の通り女性の頭部で、マリー・テレーズを表現しているが、同時に全体、および顔の各パーツピカソの性器となっている。鼻の部分が陰茎で目の部分が睾丸なのである。男性器と女性の身体を同一視した表現はほかに、ピカソの勃起したペニスとテレーズの身体と融合した状態を、ダブルイメージで描いている「夢」がある。

『女性の頭部』
『女性の頭部』

批評家のブレイク・ゴピックはピカソのウォルターへの、また男性優越主義的な態度を批判しているが、作品のできについては称賛せざるを得ないと批評している。

 

また、ピカソの自伝家のジョン・リチャードソンはこの彫刻を見て「彫像の胸の部分はかがんでいるスフィンクスのように見える」と感じたという。