【作品解説】グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I / Portrait of Adele Bloch-Bauer I

クリムト「黄金時代」後期で最も完成度の高い作品


概要


『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』は1907年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。金が多用されている。クリムトによるブロッホ=バウアーの全身像は二作存在するが、これは最初の作品で、クリムトの「黄金時代」後期における最も完成度の高い作品である。2006年6月に156億円でエスティ・ローダー社社長(当時)のロナルド・ローダーに売却され、現在はニューヨークのノイエ・ギャラリーが所蔵している。


モデル


モデルはアデーレ・ブロッホ=バウアー(1881年-1925年)。ウィーン社交界のセレブであり、クリムトのパトロンであり、クリムトの親友。

 

タイトルは一度変更されたことがある。オーストリアを併合したナチスドイツがブロッホ=バウアー家から絵画を押収した後、1940年代初頭に作品を展示する際、描かれている女性が著名ユダヤ系一家の女性であることが分からないよう『黄金で包まれた女性』というタイトルに変更された。

 

この作品は、アデーレの夫フェルナンド・ブロッホ=バウアーの注文で制作されたものである。フェルナンドは砂糖産業で巨万の富を築いた実業家で、またクリムトの重要パトロンだった。

 

クリムトは絵の完成に3年を要しており、準備を含めると1903年4月から制作を始めている。キャンバスサイズは138cm✕138cmで油彩と金箔が使われ、アールヌーヴォー様式で絵全体に豪華で緻密な装飾が施されている。

 

アデーレ・ブロッホ=バウアーは、唯一クリムトの絵のモデルに2度なった女性であり、二作目は1912年の『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅱ』である。

アデーレ・ブロッホ=バウアー。1910年頃。
アデーレ・ブロッホ=バウアー。1910年頃。
『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅱ』(1912年)
『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅱ』(1912年)

技法・表現


クリムトのこれまでの美術趣味がすべて含まれている。黄金を利用した豪華で装飾的な画面と輪郭線を用いた平面的な空間表現、それに伝統的な写実的な顔だち。

 

男には正方形の装飾パターン、女には円形の装飾パターンを用いる。ほかに渦巻き、ビザンツ様式のモザイク装飾、琳派やミュケナイ美術のような渦巻き模様。

 

さらにこの衣装には「接吻」にはない三角型の無数の見つめる目が中央にたくさ描かれているが、これはエジプト美術の影響と考えられている。

所有権争い


アデーレの意向で『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』は、夫フェルナンドの死後にオーストリア・ギャラリーに寄贈する予定だった。

 

彼女は1925年に髄膜炎で死去。ナチス・ドイツが1938年にオーストリアを併合すると、フェルナンドはプラハへ、ついでスイスへ亡命。クリムト作品を含むオーストリアの彼の財産のほとんどは没収されてしまった。

 

その後、ヒトラーから退廃芸術として廃棄するか、売却するか命令がくだり、1941年にウィーンのベルヴェデーレ宮殿内にある美術館オーストリア・ギャラリーが購入して所蔵。 1945年に夫フェルナンドが亡くなると、資産の後継者としてアメリカに亡命していたマリア・アルトマンを含む甥や姪を指名した。

 

こうした経緯があって、オーストリア政府とアメリカ在住の姪マリア・アルトマンでクリムト作品の所有権争いが発生。裁判の結果、マリア・アルトマンにクリムトの絵5点(そのうちの1つがアデーレの絵)の所有権を認めることになり、クリムトの絵5点はアメリカに送られた。

 

ローダーに売却される2006年まで『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』はロサンゼルスで展示され、2006年6月に156億円で、エスティ・ローダー社社長(当時)のロナルド・ローダーに売却。現在ニューヨークのノイエ・ギャラリーが所蔵している。

あわせて読みたい

接吻
接吻
ダナエ
ダナエ
ヘレーネ・クリムトの肖像
ヘレーネ・クリムトの肖像
裸の真実
裸の真実