【作品解説】アルフォンス・ミュシャ「ジスモンダ」

ジスモンダ / Gismonda

一晩にしてミュシャを売れっ子にした出世作


概要


『ジスモンダ』は1894年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター。ミュシャが初めて制作したポスターであり、ミュシャの出世作

 

クリスマスの印刷業者ルメルシエのもとにルネサンス座から、サラ・ベルナールが主演する『ジスモンダ』のポスター制作の発注があった。新年4日からの公演に合わせて元旦から貼りだしたいという大至急の依頼で、当時、クリスマス休暇でデザイナーが皆出払っており、残っていたのはポスター制作未経験のミュシャだったという。

 

このポスターが新年に貼りだされると大きなセンセーションを巻き起こし、『ジスモンダ』の舞台は成功に終わっただけでなく、一晩にしてミュシャを売れっ子ポスター作家に仕立てあげた。

 

『ジスモンダ』の極端の縦長の画面で、上下には文字の帯が設けられ、中央には静止した美しい女性、人物の頭部や背後にはアーチ状の窓が描かれる。そして幾何学的アラベスク模様と女性の美しい髪の表現が一体化するパターンがミュシャの基本スタイルとなる。

 

描かれているのはサラ・ベルナールで、このポスターの成功をきっかけに、ミュシャと6年のポスター契約を結ぶ。


あわせて読みたい

ジョブ
ジョブ
四季
四季
夢想
夢想
黄道十二宮
黄道十二宮