【作品解説】パブロ・ピカソ「マンドリンを弾く少女」

マンドリンを弾く少女 / Girl with Mandolin

ピカソの初期分析的キュビスムの代表作


パブロ・ピカソ「マンドリンを弾く少女」(1909-1910年)
パブロ・ピカソ「マンドリンを弾く少女」(1909-1910年)

概要


「マンドリンを弾く少女」は1909年から1910年にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。高さ100cm✕幅73.6cm。ニューヨーク近代美術館が所蔵している。

 

ピカソの初期分析的キュビズムの代表的な作品。モデルはピカソの当時の妻フェルナンド・オリヴィエ。1910年当時、ピカソとオリヴィエはカダケスで夏の休暇をとってて、その頃に描かれた作品が本作である。なお、これはマンドリンを持ったヌード絵画であるという。

 

立方体、正方形、長方形などさまざまな幾何学形を使って、対象であるオリヴィエの輪郭を分解している。ピカソは一定の方向から対象を描くのではなく、可能な限り複数の方向からオリヴィエの裸体を描こうとした。

 

本作ではほぼライトブラウン単色のカラーパレットを利用しているが、これは統一された表面を形成させるためである。さらに、少女の背景色も同じく、幾何学形を使ったライトブラウン単色で描かれており、ぱっと見る限り、背景と人間の境界線が分からないようになっている。