世界で最も高額な絵画ランキング

最も高額で取引された絵画ランキング10。

 

2016年現在の最も高額なのは、2015年11月にデヴィッド・ゲフィンからケネス・C・グリフィンに個人間取引されたウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ』の3億ドル。またケネス・C・グリフィンは『ナンバー17A』も2億ドルでデヴィッド・ゲフィンから購入している。

 

また2015年2月にルドルフ・シュテへリンからカタール王室(匿名とされている)に個人間取引されたポール・ゴーギャンの「いつ結婚するの?」の3億ドルとみなされている。またカタール王室は2011年4月にギリシャの海運王、故ジョージ・エンブリコスからポール・セザンヌの『カード遊びをする人々』を2億7200万ドルで購入している。

 

いずれも高額取引は個人間取引であり、オークション経由で最高額取引されたものは現在のところパブロ・ピカソの『アルジェの女』の1億7900万ドルとなっている。

 

1位:インターチェンジ

作者:ウィレム・デ・クーニング

価格:3億ドル


2位:いつ結婚するの

作者:ポール・ゴーギャン

価格:3億ドル


3位:カード遊びをする人々

作者:ポール・セザンヌ

価格:2億7200万ドル


4位:ナンバー17A

作者:ジャクソン・ポロック

価格:2億ドル


5位:ナンバー6(すみれ、緑、赤)

作者:マーク・ロスコ

価格:1億8600万ドル


6位:マーティン・スールマンズとオーペン・コピットのペンダント肖像画

作者:レンブラント・ファン・レイン

価格:1億8000万ドル


7位:アルジェの女

作者:パブロ・ピカソ

価格:1億7900万ドル


8位:赤いヌード

作者:アメデオ・モディリアーニ

価格:1億7000万ドル


9位:ナンバー5(1948)

作者:ジャクソン・ポロック

価格:1億6400万ドル


10位:女性 3

作者:ウィレム・デ・クーニング

価格:1億6100万ドル