イギリス・ダリ・ユニバース

ダリ・ユニバース

彫刻中心のイギリスのダリコレクション


ダリ・ユニバース前に展示された記憶の固執の彫刻。
ダリ・ユニバース前に展示された記憶の固執の彫刻。

ビッグベン前に500点以上ものダリ作品!


ダリ・ユニバースはイギリスのロンドン、サウス・バンクにあったサルバドール・ダリ作品の半常設展です。展示そのものは2010年に終了しています。ダリ・ユニバースは2000年にカントリーホール内にあった3000㎡のギャラリー敷地で展示されました。

 

絵画中心のほかのダリ美術館と異なり、ダリ・ユニバースは1935年から1984年にかけて制作されたダリの彫刻作品が中心です。ほかにもグラフィック・アート、コラージュ作品、金を使った作品、ガラス作品、超現実オブジェ、さらにダリが影響を受けた家具など約500点の作品が展示されていました。

 

唯一あった絵画はアルフレッド・ヒッチコックによる映画『白い恐怖』のために作成された巨大な油絵だけでした。

 

公式サイト:http://www.thedaliuniverse.com

3つのテーマに分類して展示


当時、収蔵作品は「フェミニン感覚(Sensuality and Femininity)」「宗教と神話(Religion and Mythology,)」「夢とファンタジー(Dreams and Fantasy)」という3つのテーマに沿って展示されていました。

 

古典文学を主題としてダリ独自の解釈を反映させた作品が多数ありますが、そのような作品は「フェミニン感覚」に展示されました。目玉は有名な「メイ・ウエストの唇ソファ」でした。ほかにも12点のカサノヴァのエロティックなドローイング、10点のロミオとジェリエットを主題としたリトグラフ作品が展示されていました。

 

ダリは生前、カトリック教会と関係が深く、実際に第二次世界大戦後はカトリックに回帰もしました。「宗教と神話」では、ダリ作品の中でも「聖ジョージとドラゴン」や「宗教性の強い作品が集められました。ダリの最も有名な1931年の作品「記憶の固執」の彫刻版やファンタジックな作品は「夢とファンタジー」に展示されていました。

 

「メイ・ウエストの唇ソファ」
「メイ・ウエストの唇ソファ」

多くはイタリアで最も有名なコレクターが集めたもの


展示されている作品は、もともとダリのコレクターであったベニアミーノ・レビが収集したものです。

 

レビ氏は、モダンアート・ワールドにおいて最も重要なコレクターの一人であり、またイタリアのコレクターコミュニティで最も有名な人物の一人です。ダリのほかにはマグリット、ミロ、マッソン、カンディンスキー、キリコ、ピカソなど多くの前衛芸術家の作品を収集しました。

 

1960年代から70年代にかけてイタリアで最も有名なギャラリーの1つ「ギャラリー・レヴィ」のオーナーでもありました。ダリをはじめ世界標準のアートを紹介していました。

 

29もの美術館レベルの彫刻、15もの記念碑サイズの彫刻と10ものジュエリー彫刻を所有していました。またダリと共同で彫刻作品を作ってもいたようです。

 

彼が収集したダリ作品は、世界100箇所で以上で貸し出されて展示されてきました。

終了後は世界各地で開催


常設展示は2010年1月に展示は終了しましたが、2011年から2013年までの間にヴェネチ、フィレンツェ、ソレントなど世界各地でダリ・ユニバース企画の展覧会が開催されており、また、東京、上海、台北、シンガポールなど世界各地にダリ・ユニバースが所蔵する作品が貸出されています。

ダリ幻想ユニバース 上海

天才のダリの精神 台北

スペイン・ダリ美術館
スペイン・ダリ美術館
フロリダ・サルバドール・ダリ美術館
フロリダ・サルバドール・ダリ美術館
カリフォルニア・ダリ17
カリフォルニア・ダリ17
福島・諸橋近代美術館
福島・諸橋近代美術館

あわせて読みたい