【作品解説】サルバドール・ダリ「水面に象を映す白鳥」

水面に象を映す白鳥 / Swans Reflecting Elephants

最も有名なダブル・イメージ作品


「水面に象を映す白鳥」(1937年)
「水面に象を映す白鳥」(1937年)

概要


「水面に象を映す白鳥」は、1937年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品。51Cm×77Cm。「ナルシスの変貌」と並んで、偏執狂的批判的方法(ダブルイメージ)で描かれた代表的な作品として知られています。

 

一見すると、三羽の白鳥が水辺に佇んでいる絵画ですが、水面に反映した白鳥の姿は象に見えるというものです。また、白鳥の後ろに描かれた枯れた木々は水面に反映して象の足の部分になっています。

 

背景はスペイン、カタルーニャの秋の荒涼とした風景。湖を取り囲むグロテスクな渦を巻いた崖の描写は、水面の静けさと対照的になっています。崖にはポケットに手を入れて佇んむ男性がいますが、おそらくこれはダリのポートレイトで絵全体はダリの心象風景を描いているのでしょう。