【作品解説】アンリ・マティス「赤いハーモニー」

赤いハーモニー / Harmony in Red (The Red Room)

フォーヴィスム時代の最高傑作


アンリ・マティス「赤いハーモニー」(1908年)
アンリ・マティス「赤いハーモニー」(1908年)

概要


「赤いハーモニー」は、1908年にアンリ・マティスによって制作された油彩作品。180cm×220cm。1908年から1913年にかけてのフォーヴィスムの時期において、最も完成度の高いマティス作品。別名「赤い部屋」呼ばれることもあります。現在、ロシアのエルミタージュ美術館が所蔵しています。

 

本作は装飾性、絵画性、そして前衛性の3つの要素持ち合わせています。

 

「赤いハーモニー」は、ロシアの大コレクターのセルゲイ・シチューキンの依頼で制作した装飾パネルとして制作されたもので、セルゲイが住んでいたモスクワのマンションのダイニングルームに飾るためのものでした。

 

ねじれた青い蔓草模様とラズベリー・レッドの壁紙とテーブルクロスが、壁とテーブルの境を曖昧な状態にし、部屋本来の3次元空間を消失させ全体を1つのフラットな赤い空間にすることで、装飾性の高いキャンバスになっています。

 

しかし、窓から見える赤とは対照的な緑の庭、青い空、果物を入ったボールを動かそうとする女性の存在などが、鑑賞者の視線を移動させる効果をもたせ、絵画的な奥深さをもたせています。さらに、赤、黒、青、オレンジ、紫という鮮やかで大胆なフォービスム的な色彩構成になっています。

 

この絵画は3つの過程を経ており、初めは緑の部屋でした。その後、シチューキンの要望で青色に塗りつぶされ「青いハーモニー」というタイトルになりましたが、その出来上がりに対しマティスは納得行かなかったため、最終的にはマティスが好きな赤色で塗りつぶして「赤いハーモニー」となりました。

 

描かれている風景は、パリにあったマティスのアトリエで、窓から見える景色は、スタジオの窓から見える修道院の庭です。またテーブルや果物のレイアウトをしているメイドは、色や構図を考えているマティス自身を表しています。