【作品解説】パブロ・ピカソ「睡眠」

睡眠 / asleep

赤と緑の間に眠る女


パブロ・ピカソ「睡眠」(1932年)
パブロ・ピカソ「睡眠」(1932年)

概要


「眠る女」は1932年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。シリーズもので多数の作品が存在する。「眠る女」シリーズでモデルになっているのは愛人マリー・テレーズ。

 

睡眠する横顔は、赤と緑の2色の大胆で強烈なカラーの間で完結に表現される。黒い太い墨のような輪郭線はフォーヴィズムを思い起こす。

 

注意すべき点はマリーの手。彼女の大きな尖った爪は“野生的プリミティヴィズム”を表している。これは人生におけるシンプルさと純粋さこそが信念である。美しさと醜悪さの融合はピカソを魅了し、ピカソが作品内によく描くテーマである。