マーケット

マーケット · 17日 11月 2017
一般市場で最も高額で取引された絵画ランキング。 2017年現在の最も高額なのは、2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売がかけられたレオナルド・ダ・ヴィンチの《サルバトール・ムンディ》の4億5000万ドル。一般市場で流通している作品において史上最高額となる4億5000万ドルで落札された。 続いて、2015年11月にデヴィッド・ゲフィンからケネス・C・グリフィンに個人間取引されたウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ』の3億ドル。ケネス・C・グリフィンは『ナンバー17A』も2億ドルでデヴィッド・ゲフィンから購入している。