ブログカテゴリ:マルセル・デュシャン



01日 2月 2017
「ボトルラック」は1914年にマルセル・デュシャンによって制作されたレデイ・メイド作品。オリジナル版は紛失。1921年以降レプリカ版が何度か制作されている。 デュシャンはこの品物をパリの百貨店バザール・ド・ロテル・ド・ヴィルで購入。このボトルラックは当時のパリの一般家庭ならどこにもでよく見られてダイニングに設置された鉄のラックである。...
01日 2月 2017
「プロフィール用の自画像」は1958年にマルセル・デュシャンによって制作された紙の作品。元々は、ロベール・ルベルの『マルセル・デュシャンについて』の豪華版に載せるプロフィール写真として作られたもの。金属の型をあてがって、それにそって手でちぎるという方法で制作されている。...
01日 2月 2017
「ほどよい時期の小さい妹」は1911年にマルセル・デュシャンが制作した油彩作品。モデルは、当時13歳の妹のマグドレーヌ。肘掛け椅子に腰をおろし、身をかがめるような姿勢で、本をよみふけっているポーズを大きなタッチで極端にデフォルメして描いている。...
01日 2月 2017
「1.水の落下、2.照明用ガス、が与えられたとせよ」はマルセル・デュシャンによるオブジェ作品。通称「遺作」。...
01日 2月 2017
「折れた腕の前に」は1915年のマルセル・デュシャンのレディメイド作品。「レディメイド」という名称で呼ばれた最初のオブジェ。1915年にニューヨークにいたデュシャンは金物屋で雪掻きシャベルを買い求め、その上に「折れた腕の前に」と書いた。 デュシャンによれば、タイトルには何の意味もないという。...
01日 2月 2017
「L.H.O.O.Q」は1919年にマルセル・デュシャンによって制作された修正レディ・メイド作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の安物のポストカードに鉛筆で口髭と顎鬚を付け加えて、「L.H.O.O.Q」というタイトルを付けたものである。...
01日 2月 2017
「彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(通称:大ガラス)」は、1915年から1923年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンのオブジェ作品である。...
01日 2月 2017
「花嫁」は1912年にマルセル・デュシャンによって制作された油彩作品。ミュンヘンに2ヶ月間滞在していた時期に描かれた作品群「処女 No.1」「処女 No.2」「処女から花嫁への移行」「花嫁」「飛行機」の1つに当たる。 「花嫁」では、これまでのように「ヌード、汽車の中の悲しげな青年」や「階段を降りる裸体 No.2」のような運動の変化を表示する線は表れない。「花嫁」では代わりに機械的要素と内臓的フォルムで描かれ、複雑に組み立てられたアンドロイドのようである。つまり、デュシャンは「花嫁」を機械に置き換えた。
01日 2月 2017
「ホワイト・ボックス」は1967年にマルセル・デュシャンが制作したオブジェ作品。79枚のメモを白いプレキシグラスの箱におさめたもの。ケースの表面には、「大ガラス」の水車の部分がシルク・スクリーンで刷られている。...
01日 2月 2017
「3つの停止原理」は1913にマルセル・デュシャンによって制作されたオブジェ作品。紺で塗られた3つのキャンバスそれぞれにひも、3枚のガラス板、3本曲線定規。「大ガラス」の上部、花嫁の一部。...

さらに表示する