ブログカテゴリ:現代美術



写真 · 30日 10月 2017
ロバート・メープルソープ(1946年11月4日-1989年3月9日)はアメリカの写真家。 大規模で高度に様式化されたモノクロームの形式で論議を起こすような露骨な写真表現を行う。著名人のポートレイト、男性と女性のヌード、セルフポートレイト、花の静物画などの主題に焦点を当てた作品がよく知られている。 最も社会的に物議を醸し出した作品は、ニューヨークの1960年代後半から1970年代にかけてのアンダーグラウンドBGSM(ボンテージ・ディシプリン・サディズム・マゾヒズム)シーンに焦点を当てた作品である。
現代美術 · 29日 10月 2017
デビッド・ホックニー(1937年7月9日生まれ)はイギリスの画家、版画家、舞台デザイナー、写真家。 1960年代のイギリスのポップ・アートムーブメントに最も貢献した人物で、最も影響力のある20世紀のイギリスの画家の一人とみなされている。 1964年以降、アメリカのロサンゼルスをおもに活動拠点してたこともありアメリカでも人気が高い。母国イギリスでも人気は高い。ロンドンのケンジントンに自宅とアトリエをかまえ、またカリフォルニアに2つの住居を持ち、30年以上芸術家として生活をしている。
17日 9月 2017
シンシア“シンディ”・モリス・シャーマン(1954年1月19日)はアメリカの写真家、映画監督。ニューヨーク在住。写真をはじめさまざまな表現方法を通じて、社会における女性の役割や重要な問題を提起している。...
17日 9月 2017
ローレンス・ギルバート・ガゴシアン(通称:ラリー・ガゴシアン,1945年4月19日-)は、アメリカのアートディレクター。2015年のアートワールドで最も影響力のある人物第6位。ガゴシアン・ギャラリー・グループのオーナー。 ガゴシアン・ギャラリーは、ラリー・ガゴシアンが所有し、また運営している現代美術の画廊である。おもに近代美術と現代美術の作品や作家を扱っている。 現在、世界中に13のギャラリーとショップ(現在もポスター販売をしている)。年間売上高約10億ドルを誇るラリー・ガゴシアンは、今年もさまざまな画廊経営で最高の収益を叩き出している。
15日 9月 2017
ルドルフ・スティンゲル(1956年生まれ)はタリア人画家。コンセプチュアル・アーティスト。ニューヨークとミラノを基盤にして活動している。展示空間全体を抽象的な模様のカーペットで覆い尽くすインスタレーション作品がよく知られている。...
31日 8月 2017
ジャスパー・ジョーンズ(1930年5月15日生まれ)はアメリカの画家、彫刻家、版画家。抽象表現主義、ネオ・ダダ、ポップアート運動における代表的な美術家。代表作はアメリカの星条旗を作品化した「旗」シリーズ。
11日 7月 2017
前澤友作(1975年11月22日生まれ)は日本の実業家、現代美術家コレクター。1998年にスタートトゥデイを創設。2004年にファッション小売りサイト「ZOZOTOWN」を創設。『フォーブス』誌によれば、2017年5月時点で36億ドルの資産を有しており、日本の富裕ランキングでは14位に位置づけされている。 前澤は2012年に東京を基盤とした現代美術をサポートする「現代芸術振興財団」を設立し、次世代の現代美術の柱となる若手アーティストをサポートする事業を始めた。現代芸術振興財団は現在、年にコレクション展や公募展を開催している。
31日 5月 2017
谷口ナツコ(1968年、北海道旭川生まれ)は日本の画家。...
01日 2月 2017
「1.水の落下、2.照明用ガス、が与えられたとせよ」はマルセル・デュシャンによるオブジェ作品。通称「遺作」。...
01日 2月 2017
「彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも(通称:大ガラス)」は、1915年から1923年の8年の制作期間にわたって制作されたマルセル・デュシャンのオブジェ作品である。...

さらに表示する