【現代美術】黃贊倫「あらゆる両極の世界を融合して表現」

ホワン・ザン・ルウェン / Huang Zan Lun / 黃贊倫

あらゆる両極の世界を融合して表現


概要


両極的な事象の融合を探求


ホワン・ザン・ルウェン(Huang Zan / 黃贊倫)(1979年生まれ)は台湾の現代美術家。2008年に台湾国立美術大学の学士(BFA)を取得、また、2011年から2013まで台北国立美術大学に通い、美術学修士号(MFA)を取得。現在、台北と宜蘭の両方を行き来しながら制作をしている。

 

2010年に關渡美術館や台北国際芸術村で個展を開催。その後、約5年間にわたってドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムやイタリアのアソロ芸術映像祭など、国際的な展示活動を行う。

 

台湾北東部宜蘭県の田舎の村で生まれたが、近代都市で育つ。ホワンの作品は、基本的には田舎と都市の間、伝統と近代の両極性を表現している。また、生物学と機械の融合やハイブリッド、人間の自己認識と外部環境との間における多層的な弁証法を利用したやり取りの展開といった要素が評価されている。

 

表現手段は非常に多彩。よく知られているの悲しい表情の未来的ロボットのインスタレーション作品。テクノロジーの進歩は人間性を破壊するのか? 格差社会を生むのか? ホワンの作品は両極表現から本質を探りとる。

 

未来の戦争後の未来


2017年にMOCA台北で開催された個展『The Future That Never Comes』でも、これまでの芸術理念は反映されている。

 

この個展で黃は"未来の戦争後の未来”という奇妙なキャッチで、絵画、動く機械、ロボット、映像インスタレーションなどの作品を通して、徐々にこれから明らかになる私たちの希望や期待人間の欲望や創造を描き出す。

 

黃によれば、人類の文明の発展の歴史においては、新しく発明されたテクノロジーや兵器が戦争とその勝利の大きな要因になっていたという。本展で展示されるさまざまなロボットは、一見すると戦争兵器として使われるロボットのように見えるが、実は人類の未来を勝ち取ろうとしているロボットではない。代わりに未来における戦争の歴史を語り、記録化するための重要な人工物であるという。

金箔や銅箔をふんだんに使った油彩も魅力


油彩の平面表現も魅力がある。金箔や銅箔をふんだんに使用した油彩作品は、耽美的で退廃的で人気が高い。

履歴


Solo Exhibition

2013 “Breed” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, Jia Art Gallery, Taipei, TAIWAN

2012 “Double” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, meme space, Hong’s Foundation for Education and Culture, Taipei, TAIWAN

2010 “Substitute” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, Art Center of Providence University, Taichung, TAIWAN

2010 “Substitute” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, 2010 Open Call for Artists-in-Residence & Exhibition Proposals Selected Taiwanese Exhibitions, Taipei Artist Village, Taipei, TAIWAN

2010 “Stateless” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, Jia Art Gallery, Taipei, TAIWAN

2010 “Stateless” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, Kuandu Museum of Fine Arts, Taipei, TAIWAN

2009 “Reality; Illusion?” Huang Zan-Lun Solo Exhibition, Jia Art Gallery, Taipei, TAIWAN

2008 “33 Lab” Installation Solo Exhibition, King Space, Shanghai, CHINA

2006 “Starbucks Coffee 8th Anniversary” Solo Exhibition, Taipei, TAIWAN


Group Exhibition

2013 International Techno Art Exhibition: TEA -Super Connect, National Taiwan Museum of Fine Arts, Taichung, TAIWAN

2013 Asia Contemporary Art Show, J.W. Marriott Hotel, Hong Kong, CHINA

2012 Mobile Forest, Digital Art Center Taipei, Taipei, TAIWAN

2012 Find Green Light, Park Lane by Splendor, Taichung ,TAIWAN

2011 Taiwan Digital Art Pulse Stream Plan, The Second Phase, The Next Body Digital Art Exhibition, Huashan Creative Park, Taipei, v

2011 Becoming Cyborg, The Digiark of National Taiwan Museum of Fine Arts,Taichung ,TAIWAN

2011 The Arising Artist Award of New Taipei City in Year 2011, Cultural Affairs Department, New Taipei City Government, New Taipei City, TAIWAN

2010 2010 Keywords: Latent Sculpture, Renting, Scenario, Juming Museum, Taipei, TAIWAN

2009 Artexpo NYC 2009, Artêria Gallery,Jacob K. Javits Convention Center, New York, U.S.A

2008 Shanghai Art Fair, King Space, Shanghai, CHINA