【画家】石田徹也「現代日本社会の闇を超現実主義的に表現」

石田徹也 / Tetsuya Ishida

現代日本社会の闇を超現実主義的に表現


概要


生年月日 1973年6月16日
死没月日 2005年5月23日
出身地 静岡県焼津市
国籍 日本
公式サイト http://www.tetsuyaishida.jp/

石田徹也(1973年4月16日-2005年5月23日)は、日本の画家。日本の日常生活とセルフポートレイトをシュルレアリスティックに描く作風で知られています。2005年5月23日に東京・町田の踏切で人身事故に遭い、31歳という若さで亡くなりました。

 

石田徹也は静岡県焼津で生まれました。4人兄弟の末っ子で、父は元焼津市議会議員。母は専業主婦でした。1992年に静岡県立焼津中央高等学校を卒業します。この時期に両親や教師は石田の将来に対して、教師もしくは科学者になることを望み、普通大学への進学を強く勧めます。石田は美術が好きだったので親の進路に反発し、武蔵野美術大学視覚デザイン学科へ進学しました。親や大人からの圧力は、のちに、管理された日本の社会の風景など彼の作品に色濃く現れることになります。

 

1996年に大学を卒業。石田のキャリアに対して不満を抱いていた両親は、大学時代、または卒業後の石田の芸術に関する経済支援を断ったとされていますが、両親は仕送りを申し出てたといいます。「良い絵が描けなくなる」という理由で、石田が一方的に経済支援を拒否していたようです。そのあたりの事情はよくわかっていません。

 

ただ、高い絵具を買うために深夜アルバイトをして、切り詰めた生活をしながら作品の制作をしていたのは事実だそうです。

 

大学時代の友人に映画監督の平林勇がおり、共同で作品を制作していたことがあります。就職活動中に一社だけデザイン会社に面接に行きましたが、採用されず、結局、画家として活動することに専念します。

 

1997年から2005年まで、石田の作品は発展し続け、22歳で「3.3㎡展」のグラフィックアート部門でグランプリを受賞したのを皮切りに頭角を現し、VOCA展奨励やいくつかの賞を受賞するなど、フルタイムの画家としての活動が期待されはじめていた矢先に亡くなりました。

芸術表現


現代日本社会に対する不安や孤独


石田作品は大きく3つのテーマに焦点が置かれている。

  • 今日の世界における日本のアイデンティティと役割
  • 日本社会や大学教育の構造
  • 現代日本社会における社会や技術の急激な変化に適応するのにもがく日本人

です。石田の作品は、孤立、不安、アイデンティティ危機、懐疑、閉所恐怖症、孤独などの要素が詰まっています。

 

画面の主人公たちは皆、背広とネクタイに身をかためた新入社員のようですが、表情には夢や希望は感じられません。漠然としたモラトリアム期の不安が絵から漂ってきます。かなり子どもっぽく見える青年で、大人に適応しようとしているのか、不釣り合いな口髭を生やし、アルコールを摂取する絵もあります。

 

絵に出てくる青年は、作者自身を投影されたものだとされており(本人は否定しています)、青年の周りには、洗面器、おもちゃ、ゲーム、リュックサック、SL、ぬいぐるみなど「日常生活」や「子ども」に関するモチーフが多く散乱しています。石田は自身を通じて、日常生活に潜む不安、希望なき日本社会への不安、孤独など現在の日本が抱えている社会問題を表現していたといいます。

 

シュルレアリスム


多摩美術大学教授の秋山孝氏によれば、石田徹也の表現は、シュルレアリスムのなかでも特にダリの影響を受けているようです。

 

洗面器が自分自身に置きかえられる表現がよく見られますが、こうしたある物体がある物体に変容して見えるように描く描き方は、ダリが発明した偏執狂的批判的方法からヒントを得ているといえるでしょう。

 

偏執狂的批判的方法とはダブル・イメージといわれるもので、「あるもの」が「あるもの」に見えるというものです。石田は洗面器や扇風機を自分に置き換えたり、面接試験官を顕微鏡に置き換えてたりしています。

セルフポートレイト


1997年JACA日本ビジュアルアート展で石田徹也はグランプリに輝いた。当時の審査員は浅葉克己、藤井三雄、建畠哲、タナカノリユキ、日比野克彦の5名。当時の講評の様子は以下のとおり。

 

司会:さて、最後の作品は石田徹也さんで「健康器具」というタイトルです。

タナカ:ポートフォリオにいいのがいっぱいありましたね。

浅葉:毎日これを30年ぐらい続けると凄いことになるという感じがしますね。

司会:同じ1人が主人公。作家自身なんでしょうか。

浅葉:自分自身でしょう。自画像ですよ。似ていますね。こういう作家は日本には珍しい。

タナカ:独特な、未来のようにも感じるし、昭和初期的みたいなノスタルジーもあります。

日比野:なんか旧共産圏の社会的な冷たさもありますね。

藤井:だから、精神的な抑圧とか、あるいは人間の業みたいなこととか、政治的な1つの抑圧みたいなものを感じますね。それでいて童話的な親しみがあるなかに不気味なものがある。

浅葉:普通の日常に潜む怖さですね。

 

1990年代の日本美術といえば、まだまだ抽象絵画全盛で、セルフポートレイトの絵画作品を描く作家は少なかったように思える。