【完全解説】ジョゼフ・コーネル「箱の中の夢のようなアッサンブラージュ作品」

ジョゼフ・コーネル / Joseph Cornell

箱の中の夢のようなアッサンブラージュ作品


ジョゼフ・コーネル「メディチ・プリンセス」(1948年)
ジョゼフ・コーネル「メディチ・プリンセス」(1948年)

概要


生年月日 1903年12月24日
死没月日 1972年12月29日
国籍 アメリカ
表現形式 アッサンブラージュ、映像
ムーブメント シュルレアリスム
関連人物 草間彌生マルセル・デュシャン
関連サイト

The Art Story(略歴・作品)

WikiArt(作品)

ジョゼフ・コーネル(1903年12月24日-1972年12月29日)はアメリカの彫刻作家。

 

前面ガラスの箱「シャドーボックス」を使ったアッサンブラージュ作品が代表的だが、ほかにシュルレアリスムから影響を受けた前衛実験映像作品でもよく知られている。

 

コーネルの芸術的努力の大半は独学である。ニューヨークの中古道具店で購入した古道具をや雑誌の切り抜きなどを即興的に組み合わせるという独自の芸術スタイルで、夢のようなボックス作品を制作する。

 

コーネルがアッサンブラージュに好んで利用する素材は、ヴィクトリア風の古い骨董、ビンテージ写真、低級の子ども玩具、アクセサリーなどである。コーネルのシャドーボックス作品は、のちにインスタレーション作家や前衛芸術グループフルクサスに影響を与えた。

 

生涯の大半を身体の不自由な弟や両親を自宅で介護しながら社会的に孤立した状態で過ごしていたが、同時代の現代美術家たちを意識し、また彼らと連絡も取っていた。

 

シュルレアリスム運動から大きな影響を受けるが、彼自身がシュルレアリスム運動に参加することはなく、シュルレアリスムとレッテルを貼られることも嫌っていた。

ジョゼフ・コーネル「石鹸泡セット」(1936年)
ジョゼフ・コーネル「石鹸泡セット」(1936年)
ジョゼフ・コーネル「ザ・ホテル・エデン」(1945年)
ジョゼフ・コーネル「ザ・ホテル・エデン」(1945年)