エドヴァルド・ムンク

エドヴァルド・ムンク / Edvard Munch

表現主義に影響を与えた象徴主義の巨匠


エドヴァルド・ムンク「叫び」(1893年)
エドヴァルド・ムンク「叫び」(1893年)

概要


生年月日 1863年12月12日
死没月日 1944年1月23日
国籍 ノルウェー
表現形式 絵画、版画
ムーブメント 象徴主義、表現主義
代表作品

叫び

・マドンナ

・病気の子ども

関連サイト

WikiArt(作品)

The Art Story(略歴)

エドヴァルド・ムンク(1863年12月12日-1944年1月23日)はノルウェーの画家、版画家。19世紀後半の象徴主義の理論に基づいて構築された心理学的な主題を、激しく感情的で表現主義的な画風で描き出す。代表作品は1893年に制作した「叫び」。ムンクの画風は20世紀初頭のドイツ表現主義に多大な影響を与えた。

作品解説