【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「火の付いたタバコをくわえた骸骨」

火の付いたタバコをくわえた骸骨 / Skull of a Skeleton with Burning Cigarette

ユーモア性と死を同時に表現した骸骨画


フィンセント・ファン・ゴッホ「火の付いたタバコをくわえた骸骨」(1885年)
フィンセント・ファン・ゴッホ「火の付いたタバコをくわえた骸骨」(1885年)

概要


「火の付いたタバコをくわえた骸骨」は1885年から1886年にあたりにフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。32cm × 24.5cm。アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館に所蔵されている。

 

骸骨とタバコに焦点を当てた小作品で、おそらく1885年から1886年にかけての冬に制作されている。当時ゴッホはアントウェルペンで、アントウェルペン王立芸術学院の授業に出席していたが、授業は退屈で習うべきものが何もないと感じ、大学の教師たちと衝突していた頃に描かれたものである。

 

ユーモア性と死を同時に表現


 まず、生の人間を描く以前に、骨格の研究や人体解剖学の理解を重視していたアカデミズム教育に対する風刺的な意味合いが込められている。

 

 

次に、アカデミズム教育の退屈さをユーモラスに表現する一方、アントワープにいた頃のゴッホは極度に貧困で、ヘビースモーカーで健康状態がよくなかった時期ということもあり、ヴァニタスメメントモリの意味合いも込められている。ゴッホは1890年に自殺するまで喫煙し続け身体を壊していた。

ゴッホへ影響を与えた人物


この作品はオランダの画家ヘラクレス・セーヘルスやベルギーの画家フェルシアン・ロップスのヴァニタス絵画の影響を受けている可能性もある。

ヘラクレス・セーヘルスの骸骨画。
ヘラクレス・セーヘルスの骸骨画。
フェルシアン・ロップスの骸骨画。
フェルシアン・ロップスの骸骨画。

ゴッホと骸骨作品


ゴッホは骸骨に関する作品をいくつか制作している。アントウェルペン滞在時にはほかに「つるされた頭蓋骨と猫」というドローイング作品を制作している。また、1887年から1888年にかけて2つの以上の骸骨のみのドローイング作品を描いているのがわかっている。

フィンセント・ファン・ゴッホ「つるされた頭蓋骨と猫」
フィンセント・ファン・ゴッホ「つるされた頭蓋骨と猫」
フィンセント・ファン・ゴッホ「骸骨」 (1887/1888)
フィンセント・ファン・ゴッホ「骸骨」 (1887/1888)
フィンセント・ファン・ゴッホ「骸骨」 (1887/1888)
フィンセント・ファン・ゴッホ「骸骨」 (1887/1888)

作品の来歴


本作品は1891年までの弟のテオが所有していた。その後、テオの妻のヨハンナが1925年に死去するまで所有し、その後はテオとヨハンナの息子であるフィンセント・ウィレム・ヴァン・ゴッホが1962年まで所有していた。ファン・ゴッホ財団に寄贈された後、1962年から1973年までアムステルダム市立美術館に貸し出され、1973年以来アムステルダムにあるヴァン・ゴッホ美術館の重要な展示作品として財団から貸し出されている。

大衆文化への影響


2008年にこの作品は、アメリカの著述家デイビット・セダリスのエッセイ集「When You Are Engulfed in Flames」の表紙に使われている。セダリスによれば、アムステルダムを旅行した際に見かけたこの作品のポストカードに影響を受けたという。