ジョルジュ・スーラ

ジョルジュ・スーラ / Georges Seurat

分割主義や点描絵画を発明


ジョルジュ・スーラ「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(1884-1886年)
ジョルジュ・スーラ「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(1884-1886年)

概要


生年月日 1859年12月2日
死没月日 1891年3月29日
国籍 フランス
表現形式 絵画
ムーブメント 後期印象派、新印象派

ジョルジュ・ピエール・スーラ(1859年12月2日-1891年3月29日)はフランスの画家。後期印象派の代表的な画家で、また新印象派運動の創設者分割主義点描主義という革新的な絵画方法を使ったことで評価されている。

 

彼の合理的で数学的なものへの激しい情熱は、それまでの印象派のような瞬間的情景を再現するものではなく、構図、色彩、光などの緻密な計算によって絵画を作り上げることになった。

 

 

また新印象派を立ち上げこれまでの近代美術の方向性を変え、19世紀絵画のイコンの1人となった。代表作は点描法を用いて描いた「グランド・ジャット島の日曜日の午後」で新印象派、ポスト印象派の時代のフランス絵画を代表する作品となった。