ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン / Paul Gauguin

プリミティヴィズムに影響を受けた後期印象派の画家


ポール・ゴーギャン「タヒチの女」(1891年)
ポール・ゴーギャン「タヒチの女」(1891年)

概要


生年月日 1848年6月7日
死没月日 1903年5月8日
国籍 フランス
表現形式 絵画、彫刻、版画、陶芸、著述
ムーブメント 後期印象派、象徴主義
関連人物 フィンセント・ファン・ゴッホ
関連サイト

The Art Story(略歴)

WikiArt(作品)

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(1848年6月7日-1903年5月8日)はフランスの画家。

 

それまでの印象派とははっきりと異なる実験的な色使いで制作していた後期印象派の代表的な作家で、彼はピカソやマティスといったのちの前衛美術家や近代美術に大きな影響を与えた。

 

ゴーギャンの作品は、彼の死後、画商のアンブロワーズ・ヴォラールの宣伝で有名になった。ヴォラールはゴーギャンの作品をまとめて展示し、パリで重要な死後の展覧会を企画したことで知られる。作品の多くはロシアの著名コレクターであるセルゲイ・シューシキンやほかの重要なコレクターが所有していた。

 

またゴーギャンは象徴主義運動の重要な画家、彫刻家、版画家、陶芸家、著述家である。彼の大胆で実験的な色彩は直接近代美術の綜合主義を導き、またクロワゾニスムやプリミティヴィスムやパストラルへ回帰への影響のもと、絵画における本来の表現を探求した。


あわせて読みたい

エドヴァンド・ムンク
エドヴァンド・ムンク
フィンセント・ファン・ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ
パブロ・ピカソ
パブロ・ピカソ