ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌ / Paul Cézanne

19世紀から20世紀の近代美術の架け橋


ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」(1887年)
ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」(1887年)

概要


生年月日 1839年1月19日
死没月日 1906年10月22日
国籍 フランス
表現形式 絵画
ムーブメント 後期印象派
関連サイト

The Art Story(略歴)

WikiArt(作品)

ポール・セザンヌ(1839年1月19日-1906年10月22日)はフランスの画家。後期印象派の画家。

 

セザンヌは19世紀の印象派から20世紀初頭の前衛運動の架け橋を築いた画家として評価される。特にキュビスムのにおける芸術概念の基礎となった。

 

セザンヌは複雑な画面を生成するために小さな筆致や平面的な色使いを行う。マティスととピカソはスザンヌについて"近代美術の父"と述べている。