【作品解説】サルバドール・ダリ「カタルーニャのパン」

カタルーニャのパン / Anthropomorphic Bread

パンと男性器のダブルイメージ


「カタルーニャのパン」(1932年)
「カタルーニャのパン」(1932年)

概要


作者 サルバドール・ダリ
制作年 1932年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 24 cm x 33 cm
コレクション  

《カタルーニャのパン》は1932年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品。パンはダリにとって最も古くからのフェティシズムの題材の1つ。ダリはパンに強いこだわりを持ち、パンを男性器に置き換えた表現をよく行う。

 

この作品で描かれたパンは、その形状からして男性器を暗示しているのは明らかである。はじめにみたときはバナナかと思うかもしれないが、硬くなったパンです。なぜ硬くなったパンか。ダリにとってパンは男性器と同じくはじめは柔らかくしだいに硬くなっていく点で同じ性質のもののためである。ダリはパンと男性器をダブルイメージし、偏執狂的批判的方法で描いている。

 

また、ペンとインク壺はフロイトによれば男性と女性を象徴している。次第に硬くなったパンの上には《記憶の固執》でもお馴染みのフニャフニャになった時計がかかっている。またパンの塊を固く結んで垂れ下がらないようにしている紐は、ダリの性的不能に対する不安を示したものであろう。

 

このような柔らかいもの(時計)と硬いもの(パン)との対立は、ダリのなかでは、幼児期への退行と性の未分化の状態という主題と結ばれる。ほかに同タイトルでいくつか作を制作している。

同年に作られた別バージョンの「カタルーニャのパン」。先がしっかりと包まれており、幼児期への退行をほのめかす。
同年に作られた別バージョンの「カタルーニャのパン」。先がしっかりと包まれており、幼児期への退行をほのめかす。

 ■参考文献

・上野の森美術館「ダリ回顧展」図録

西洋絵画の巨匠 (3) ダリ 

One Surrealist A Day

 

サルバドール・ダリに戻る

あわせて読みたい

茹でたインゲン豆のある柔らかい構造
茹でたインゲン豆のある柔らかい構造
ナルシスの変貌
ナルシスの変貌
ポルト・リガトの聖母
ポルト・リガトの聖母
記憶の固執
記憶の固執