【作品解説】マルセル・デュシャン「チョコレート磨砕器 No.1」

チョコレート磨砕器 No.1 / chocolate grinder,no.1

回転する磨砕器からインスピレーション


マルセル・デュシャン「チョコレート磨砕器 No.1」
マルセル・デュシャン「チョコレート磨砕器 No.1」

概要


作者 マルセル・デュシャン
制作年 1913年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 61.9 x 64.5 cm
コレクション フィラデルフィア美術館

「チョコレート磨砕器」は、1913年にマルセル・デュシャンによって制作された油彩作品。「大ガラス」の下半分の「独身者」の中央に描かれている「チョコレート磨砕器」の最初の作品。

 

デュシャンはルーアンのカルム街にあるチョコレート屋のウィンドウで、このチョコレート磨砕器を見て、突然、インスピレーションを感じて制作し始める。チョコレート磨砕器のドラムの回転する光景に魅了されたという。

 

回転する物体へのデュシャンの執着は、「自転車の車輪」や「ロト・レリーフ」でもよく知られているように、非常に性的な意味を含んでいる。

 

はじめのスケッチには、右側にモーターがあり、主軸にギヤが付けられているが、本作ではそれらは取り除かれている。台座はルイ15世様式の脚だが、これはおそらくデュシャンの誇りのようなものを象徴している。磨砕器の上に設置されている円形のものは、古風な円形ネクタイで、主軸は男根とみてよい。

 

マルセル・デュシャンに戻る

 

■参考文献

Philadelphia Museum of Art - Collections Object : Chocolate Grinder (No. 1)