【作品解説】サルバドール・ダリ「メイ・ウエストの唇ソファ」

メイ・ウェストの唇ソファ / Mae West Lips Sofa

女優メイ・ウエストの顔を家具化


概要


作者 サルバドール・ダリ
制作年 1937年
サイズ 86.5 x 183 x 81.5 cm
コレクション ダリ劇場美術館

《メイ・ウエストの唇ソファ》は、1937年にサルバドール・ダリによってデザインされた超現実家具。実際の制作は家具職人でダリはデザインを担当。ハリウッド女優メイ・ウエストからインスピレーションを受けて制作。86.5 x 183 x 81.5 cm。20世紀で最もセンセーショナルな家具とされている。

ダリの理想的女性メイ・ウエスト


メイ・ウエスト(1893年8月17日-1980年11月22日)とはアメリカの女優で、戦前アメリカのマリリン・モンローのような人物である。

 

メイ・ウエストはほかの女優と異なりスキャンダル性など、ダリにとって理想の要素をあわせもつミューズだったという。そのため、彼女をモデルにした作品となっている。

メイ・ウエスト
メイ・ウエスト

シュルレアリスム家具


 《メイ・ウエストの唇ソファ》は、そのままでもかなりシュールだが特定の場所から見ることで、部屋全体がメイ・ウェストの顔のように見える。つまりシュルレアリスム・インスタレーションでもある。

 

1934年から1935年にかけて、ダリは《メイ・ウエストの唇ソファ》の直接的なルーツとなる水彩画作品《メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート》という作品を制作している。これは1936年に開催された「ロンドン国際シュルレアリスム展」で展示された。

 

そのときに訪れた有名コレクターのエドワード・ジェイムズが、この水彩作品を大変気にいる。ジェイムズはちょうど自宅の豪邸をリフォームしていた頃だったこともあり、ダリに《メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート》の部屋を自宅に現実化してほしいと打診をしたという。

 

ダリは当時相当経済的に困っていたため、ダリの一年間の生活費のたてかえを条件にジェイムズと制作の契約をした。

《メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート》
《メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート》

ダリ劇場美術館で鑑賞できる!


《メイ・ウエストの唇ソファ》および《メイ・ウエストの顔のシュルレアル・アパート》は、現在、スペイン、カタルーニャにあるダリ劇場美術館で常設展示されている。ただし、こちらはオリジナルとは異なるバージョン。

 

Telegraphによれば、オリジナルの唇ソファは1つだけでなく5点存在するが、5点すべてをジェイムズが買い取っているという。ジェイムズが1984年に亡くなる前に、1点はブライトン・アート画廊が購入、もう1点はクリスティーズ経由で個人蔵となった。残り3点は、ロンドンのウエスト・ディーンにあるエドワード・ジェイムズ財団が所有している。

 

目は絵画、鼻はランプ、唇はソファで構成されている。

マリリン・モンローの唇ソファ


1972年にイタリアのデザイン集団「スタジオ65」は、ダリの「メイ・ウエストの唇ソファ」のオマージュ作品として、マリリン・モンローの唇をモチーフにした「ボッカリップソファ」というものを制作している。ボッカとはイタリア語で唇の意味で、これは一般商品として購入可能である。