· 

【完全解説】ジョージア・オキーフ「アメリカモダニズムの母」

ジョージア・オキーフ / Georgia O'Keeffe

アメリカモダニズムの母


ジョージア・オキーフ「レッドカンナ」(1919年)
ジョージア・オキーフ「レッドカンナ」(1919年)

概要


生年月日 1887年11月15日
死没月日 1986年3月6日
国籍 アメリカ
表現形式 絵画
ムーブメント アメリカモダニズム
関連人物 アルフレド・スティーグリッツ草間彌生
関連サイト

The Art Story(略歴・作品)

WikiArt(作品)

ジョージア・トット・オキーフ(1887年11月15日-1986年3月6日)はアメリカの美術家。

 

前衛芸術がまだほとんど知られていなかったアメリカの時期に、花や都市の風景、メキシコの風景などを抽象的に描いた作風で注目を集めるようになる。彼女は"アメリカモダニズムの母"と呼ばれるようになった。

 

夫は写真家のアルフレド・スティーグリッツ。オキーフは草間彌生の渡米生活を支援したことでも知られる。

 

1905年にオキーフはシカゴ美術大学で本格的に美術を学んだあと、アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークへ進むが、自然にあるものをそのまま模写する伝統的な美術教育に不満を感じ始める。学費不足を賄うため1908年から商業作家として2年ほど働き、その後1911年から1918年までヴァージニア州やテキサス州やサウスカロライナ州で教師をしてながら学費を稼ぎ、絵を学んだ。

 

1912年から1914年の夏の期間に美術を学んでいる頃に、自然をそのまま模写するより個人的なスタイルを基盤として制作することを推奨していた画家のアーサー・ウェスレイ・ダウに出会う。彼の思想はオキーフの芸術観に大きな変化をもたらし、抽象的な作風へ移行していった。

 

当時、ニューヨークの前衛美術の画商で写真家のアルフレド・スティーグリッツは、1916年にオキーフの作品を自身の画廊「291」で展示。その後の数年間、オキーフはコロンビア大学の教員養成課程で教鞭をとり、1918年にスティーグリッツの要望でニューヨークへ移り、本格的に芸術家として活動を始める。スティーグリッツはオキーフ作品の展示やプロモート活動を行う。1924年に二人は結婚。

 

この頃からオキーフは《レッドカンナ》をはじめとする多くの花の抽象絵画シリーズを制作しはじめる。オキーフは花を描くことの意図について一貫して何も話していなかったが、一般的には女性器を象徴していると指摘される。オキーフ自身はフロイト的解釈を否定しているが、彼女の女性の性に関する描写は、彼女の展示でスティーグリッツが撮影したオキーフのヌード写真と一緒に展示していた点を見ても明らかなものだった。

 

オキーフとスティーグリッツは1929年までニューヨークに住んでいたが、スティーグリッツの不倫が原因で二人の仲に亀裂が生じると、オキーフは精神衰弱して活動を一時的に停止し、一年のうちの一時期をアメリカで南西部で過ごすことになる。

 

1930年代なかばに芸術活動を再開すると、ニューメキシコ州の風景や動物の骨にインスピレーションを受け、『牛の骨:赤、白、青』や『羊の頭』や『白タチアオイ』といった作品を制作する。

 

スティグリッツが死去すると、ニューヨークの人間関係から遠ざりたかった彼女は、ニューメキシコに完全に移り、アビクィウの荒野に自宅とアトリエを建てる。その後、草間彌生の芸術支援をいつつ、62歳から1986年に亡くなるまでの約40年間を荒野に建つゴーストランチの家と緑豊かなアビキューの2つの家で過ごした。

重要ポイント

  • アメリカのモダニズム形成に大きな影響を与えた
  • 花弁を拡大した抽象画が有名
  • アメリカの風景画としても評価が高い

関連書籍


略歴


幼少期


オキーフは、1887年11月15日、アメリカのウェスコシン州サン・プレイリー、ハイウェイT2405番地にある農家で生まれた。彼女の両親の父フランセーズ・カリストゥス・オキーフと母イーダ・オキーフは酪農家だった。父はアイルランド系移民だった。彼女の母親の祖父のジョージ・ビクター・トトは、1848年にアメリカに移民してきたハンガリー人だったといわれる。

 

オキーフは7人兄妹の2番目の長女だった。オキーフはサン・プレイリーのタウン・ホール・スクールに入学する。10歳までに彼女は芸術家になる決心をし、彼女と兄妹は地方の水彩画家サラ・マンから美術を学びはじめる。1901年から1902年の間、ウェスコシン州マディソンにあるエッジウッド大学中等部に寮生として入学する。

 

1902年後半にオキーフ一家は、ウェスコシン州からヴァージニア州ウィリアムズバーグピーコック近隣の村に家族は移る。オキーフの父が当時、半島の建築貿易におけるブロックの需要を見越して、コンクリートブロックのビジネスを始めるため田舎に移ったのが理由とされている。

 

しかし、オキーフはウェスコシン州に叔母と残り、マディソ中央高等学校に通う。卒業後に1903年にヴァージニア州にいる家族と合流することになった。その後オキーフは、ヴァージニア州にあるチャタム米国聖公会機関に下宿しながら学校に通い、1905年に卒業。カッパ・デルタ社交クラブの会員となった。

ニューヨーク美大生時代


オキーフは1905年から1906年までシカゴ美術大学で美術を学ぶ。クラスではトップの成績をで、当時の同級生にジョン・ヴァンダーポールがいた。しかし、腸チフス病にかかり休学する。

 

1907年の秋にオキーフはニューヨークに移り、アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークに入学し、ウィリアム・メリット・チェイスやケニオン・コックス、F・ルイス・モラのもとで美術を学ぶ。1908年に制作した油彩作品《銅ポットと死んだウサギ》が高評価を得て、リーグのウィリアム・メリット・チェイスから静物賞を受賞する。

 

この受賞は、のちにニューヨークのジョージ湖で開催されるリーグの戸外の夏の授業に参加するための奨学金代わりにもなった。

《銅ポットと死んだウサギ》1908年
《銅ポットと死んだウサギ》1908年

ニューヨークにいる間、オキーフはさまざまなギャラリーを訪れている。この頃にのちに夫となる写真家のアルフレッド・スティーグリッツが経営するギャラリー「291」に通い、彼と知り合う。ギャラリー291では、アメリカとヨーロッパの前衛芸術家・写真家を積極的にニューヨークで紹介していた画廊だった。

 

1908年、経済が困窮してオキーフは学費を捻出できなくなってしまう。父親が事業に失敗して破産し、また母親は深刻な病気を患ってしまったためだという。

 

オキーフは伝統的な芸術を模写し、美術訓練の基礎を築いた上で画家のキャリアを積んでいくという人生に関心がなかったことや、また当時、絵具のテレピン油にアレルギーがあり、麻疹を発する原因になっていたため、絵を描くことを一時的に中止する。その後、シカゴで商業芸術家として1910年まで生活していたという。

ダウの抽象絵画に影響を受け近代美術家へ


1911年にオキーフはヴァージニア州に戻り、家族とともにシャーロッツビルへ移り、美術教職に就く。

 

また、1912年にヴァージニア大学でコロンビア大学の教師だったアーロン・べメットのもとで、夏限定の美術授業を受ける。彼のもとでオキーフは、アーサー・ウェスレイ・ダウの革新的な表現手法を知り、影響を受ける。ウの表現は構図やデザインにおいて日本の浮世絵の抽象的な表現から影響を受けており、オキーフもまた抽象的な構図で絵を描く実験を始めた。これまでの具象リアリズムから外れた個人的な芸術スタイルを追求するようになったという。

 

その後も、2度の夏をヴァージニア大学で美術を学んで過ごした。ダウの表現方法を下敷きにしたヴァージニア大学での彼女の研究は、その後の彼女の芸術表現の発展において重要なものとなった。芸術家としての探求と成長を通して、彼女はアメリカのモダニズム運動を確立する役割を担うことになった。

アーサー・ウェスレイ・ダウ《クラムハウス》1892年
アーサー・ウェスレイ・ダウ《クラムハウス》1892年

2016年11月、ジョージア・オキーフ美術館は、シャーロッツビルで3度の夏を過ごした時期に描いた水彩画を中心に展示する展覧会「ヴァージニア大学時代のオキーフ 1912-1914」を開催。この時期のオキーフは、彼女の芸術キャリア生成において非常に重要な時期であることを示した。

 

1912年から1914年まで、彼女はテキサス州の回廊地帯アマリロの公立学校で美術の教師をしていたが、その時期の夏休みに彼女はヴァージニア大学のアーロン・べメットやダウのもとで美術を学んでいたとされている。

《ヴァージニア大学の円形校舎》1912-1914年
《ヴァージニア大学の円形校舎》1912-1914年

抽象的な木炭素描画シリーズ


1915年後半、サウスカロライナ州コロンビアのコロンビア大学で教鞭を取る。この時期に彼女は抽象的な木炭素描画シリーズを完成させ、その後の彼女の抽象絵画の基礎となった。ジョージア・オキーフ美術館は「彼女は純粋抽象芸術を実践した最初のアメリカ人芸術家の一人」と評価している。

 

オキーフは友人や以前のクラスメートたちに木炭素描画シリーズを郵送する。郵送された友人の一人だった写真家のアニータ・ポリッツァーは、オキーフの前衛的な作品を1916年初頭にギャラリー291を経営するアルフレッド・スティーグリッツに紹介する。スティーグリッツは「長い間291を経営してきたなかで、最も純粋で、素晴しく、誠実な作品だ」とオキーフ作品を評価し、すぐに彼女の作品を展示する企画を立てる。

 

1916年、オキーフは当時ニューヨークにあるコンロビア大学ティーチャーズ・カレッジに滞在していたが、その年の4月にスティーグリッツは、ギャラリー291で彼女のドローイング作品10点を展示した。

《ドローイング13》1915年
《ドローイング13》1915年

「パロ・デュロ・キャニオン」シリーズ


1916年初頭とその年の夏にコロンビアでさらにべメットからさらなる美術を学んだあと、秋の始めに彼女はテキサス州カニヨンにあるウェスト・テキサスA&M大学の美術学部の議長となる。オキーフは散歩中に見た形式や広大な風景に基づいた水彩画シリーズ「パロ・デュロ・キャニオン」シリーズを制作し始める。この自然豊かな土地で日の出と日没の風景を楽しみ、彼女は表現主義的な、強烈な色味の夜の花の絵を描いた。

《赤い風景》1916-1917年
《赤い風景》1916-1917年
《No.20》1916-1917年
《No.20》1916-1917年

その後、オキーフは自分自身の感情を純粋に表現できるようになるまで、水彩画で実験制作をひたすら続ける。1917年に制作した《平原に映る光》がこの頃の水彩画の代表的な作品である。

 

「テキサス州回廊地帯の地平線のどきどきさせる光源を表現するには、全体的にグラデーションがかり、薄暗い青色と緑色を混ぜ合わせて不明瞭色味とシンプルな構成を組み合わせる必要あった」と、オキーフは自身の作品を説明している。

《平原に映る光 No.1》1917年
《平原に映る光 No.1》1917年
《平原に映る光 No.2》1917年
《平原に映る光 No.2》1917年
《平原に映る光 No.3》1917年
《平原に映る光 No.3》1917年

ニューヨークでモダニズム画家として活躍


1918年6月、オキーフはスティーグリッツの招待でニューヨークへ移る。オキーフより20歳以上年長だったスティーグリッツは、1918年にニューヨークで芸術家として活動するための住居やアトリエを提供し、彼女の経済面をサポートした。

 

同時に二人は親密な個人的関係を築きあげ、7月に結婚。スティーグリッツは彼女の作品を売り出した。オキーフは1917年に自身の作品の展示を鑑賞するためにニューヨークに住んでいるスティーグリッツを訪ねたが、その時からスティーグリッツは彼女の写真を撮り続けていたという。写真の大半はヌード作品だった。1921年2月、スティーグリッツによるオキーフの写真を含むオキーフの回顧展がアンドレソン・ギャラリーで開催された。

 

1937年にスティーグリッツが写真活動から引退した際、彼はオキーフのポートレイトを350作品以上所有していたことがわかった。

 

この時期にオキーフは、アーサー・ダヴ、マーズデン・ハートレイ、ジョン・マリン、ポール・ストランド、チャールズ・デムス、エドワード・スタイケンなどアメリカ初期モダニストたちが参加しているスティーグリッツの芸術家サークルの一人となった。

 

オキーフは、葉や花、岩などの自然を単純化した絵を描き始めた。プレシジョニズムから影響を受けて1922年に制作した《グリーン・アップル》では、彼女の重要な人生をシンプルに表現。「取捨選択することで、物事の本質を理解できる」とオキーフは抽象表現について話している。1921年の《青と緑の音楽》は、視覚美術を通じて音楽的な感情を表現しており、大胆かつ微妙な色使いが特徴な作品である。

《グリーン・アップル》1921年
《グリーン・アップル》1921年
《青と緑の音楽》1921年
《青と緑の音楽》1921年

 オキーフは1920年代なかば頃から、のちに彼女の代表作となる約200点にも及ぶ花を主題とした抽象画シリーズ「フラワー・ペインティング」を制作する。代表作は1928年の《オリエンタル・ポピーズ》や、幾つかのパターンがある《レッド・カンナ》である。

 

1924年に最初の大規模な花の絵《ペチュニア No.2》を制作し、1925年に展示された。対象を拡大して描写したその作品からは、感情の強さや畏敬の念が感じられる。2015年11月20日、オキーフの1932年の作品《ジンゾン雑草》は、オークションで約4400万ドルで落札され、世界で最も高額な女性作家として認知されるようになった。

 

1926年作の《黒イリス》のような作品は、女性器を隠喩的表現ながらもイリスの中心部分を性格に描写している。しかし、オキーフ自身は一貫してフロイト的な抑圧された表現を否定している。

《レッド・カンナ》1924年
《レッド・カンナ》1924年
《黒イリス》1926年
《黒イリス》1926年

 1925年にニューヨークのシェラトンホテルの30階の部屋に移ったあと、オキーフはニューヨークの超高層ビルや空を背景として絵画シリーズを始める。

 

彼女の最も注目すべく作品の1つは、超絶技巧スタイルで建築物を描写できる能力を示している1927年の作品《ラジエーター・ビルディング-ニューヨークの夜》だろう。翌年、オキーフは最後のニュヨーク高層ビルの風景絵画シリーズを制作したあと、ニューメキシコへ移る。

《ラジエーター・ビルディング-ニューヨークの夜》1927年
《ラジエーター・ビルディング-ニューヨークの夜》1927年

神経症を患ってニューメキシコへ移る


 1928年に夫のステーグリッツはドロシー・ノーマンと不倫。また、ラジオシティ・ミュージックホールで予定されていた壁画プロジェクトが中止となる。不幸が重なって、その後オキーフはうつ病に陥り、入院することになる。療養を含め、1929年にオキーフは、夏をニューメキシコで過ごすようになる。ニューメキシコはその後の彼女の作品のインスピレーションとなるほど大きな影響を受けるようになる。

 

オキーフは1929年に親友のレベッカ・サルズベリー・ジェームスとニューメキシコ州を旅行し、タオスのメーブル・ダッジ・ルハンのもとに滞在する。彼女は女性作家たちにアトリエを貸しており、オキーフはそこでしばらく過ごすことになった。

 

またオキーフは、ニューメキシコの夏の険しい山や砂漠地帯を探検することに興味を覚え、1929年には、D.H.ローレンス牧場の近くで彼女の代表作の1つである《ローレンスの木》を完成させた。コネチカット州のハートフォードにあるワズワース・アテネウム美術館が本作品を所蔵している。

《ローレンスの木》1929年
《ローレンスの木》1929年

その後、オキーフはニューメキシコ州で毎年過ごすようになる。彼女は砂漠から岩や動物の骨を拾い集め、それら組み合わせて作品に落とし込み、独特な表現活動を行った。

 

また、ニューメキシコへ移りだした頃から、周囲から孤独な人として見られるようになる。オキーフは、1929年に購入したフォードモデルAの車を愛し、その車でいつもアメリカの土地をドライブを走り続けた。特にゴースト・ランチや北ニューメキシコがお気に入りの場所だったという。

 

1943年にオキーフは、「美しい、手つかずの孤独感の感じる場所、"遥か彼方"と呼ぶような場所に美を感じる。以前描いたことのある場所で、今でも私は再度それを描く必要がある」と話している。

 

疲労と体調不良のため1932年後半から1930年代なかまで、オキーフは制作を停止。1933年にオキーフは神経症で苦しみ2ヶ月間入院する。スティーグリッツのドロシー・ノーマンとの継続的な不倫が彼女を苦しめたという。1934年1月まで彼女は筆を取ることはなかった。しかし、彼女はすでにニューヨークでは有名で作品の評価が高かったため、さまざまな手数料を受け取りながら、作品だけがニューヨーク中で展示されていた。

 

1936年にオキーフは代表作の1つ《サマー・デイズ》を完成させる。この作品では、砂漠を背景に美しい花と鹿の骨が描いたもので、砂漠の中の生と死を表現したようなものだった。

《サマー・デイズ》1936年
《サマー・デイズ》1936年
ジョージア・オキーフ「羊の頭、白タチアオイ、小さな丘」(1935年)
ジョージア・オキーフ「羊の頭、白タチアオイ、小さな丘」(1935年)

ハワイへ


1938年に広告会社N.W.Ayer&Sonは、オキーフにハワイアン・パイナップル・カンパニー(現ドール・フーズ・カンパニー)に2枚の作品を広告に使用する打診を行った。ほかにも、ロイド・セックストン・ジュニア、ミラード・シーツ、国吉康雄、イサム・ノグチ、ミゲル・コバルビアスを含めてハワイアン・パイナップル・カンパニーの広告のための作品制作をしている。

 

このオファーはオキーフの人生において重要な時期にやってきた。当時、彼女は51歳で、彼女の芸術的地位は失速しかかっていためである。オキーフは、1939年2月8日に船でホノルルへ到着し、オアフ島、マウイ島、カウアイ島などで9週間を過ごす。そこでオキーフは、花や風景を描いた。ニューヨークに戻るとオキーフは、20もの官能的な青々として作品を仕上げた。

 

1940年代、オキーフは2つの回顧展を開催している。1つは1943年にシカゴ・アート・インスティチュートで開催された回顧展。もう1つは1946年にMoMaで開催された回顧展で、これは同館で最初の女性芸術家の回顧展ともなった。

 

ホイットニー美術館は1940年代なかばにオキーフ作品の最初の作品カタログを作成しはじめた。1940年代にオキーフは、ゴースト・ランチの自宅から150マイル西にある場所で、「黒い場所」と呼ばれる絵画シリーズを制作し始めた。

《Black Place II》1944年
《Black Place II》1944年

晩年


1946年にスティーグリッツが死去すると、いちはやくニューヨークの美術と関係を断ち切りたかったオキーフは、3年後にニューメキシコ州に移る決意をする。同年オキーフは、彼女の作品における主題となるパティオの壁やドアが特徴となるアビキューの自宅の建築デザインを始めた。ニューメキシコ州へ移った後、サンタフエ近郊に2つの家を持つ。

 

1960年代なかばから《雲の上の空》のような雲景画シリーズを始めるが、これは飛行機の窓から見える風景からインスピレーションを得て制作したという。

 

 

ウースター美術館は、1960年にオキーフの回顧展を開催。また、10年後にホイットニー美術館は『ジョージア・オキーフ回顧展』を開催。1972年にオキーフは加齢による加齢黄斑変性で視力の大半を失い、アシスタントなしで絵画制作をするのはできなくなった。1976年に自伝「ジョージア・オキーフ」を出版、ベストセラーとなった。

 

1970年代にフェミニズム運動が盛り上がり、多くのフェミニスト・アーティストが、オキーフを「フェミニスト・アート」の元祖として賞賛したが、オキーフ自身はフェミニズム・アート運動へ協力を拒否。オキーフは「女性アーティスト」と呼ばれることそのものを嫌っており、自身を「アーティスト」と考えていた。

 

84歳で視力を失ったあとも、彼女は絵を描き続けた。彼女の最後の絵は単純な線と形で構成された抽象がで、初期の木炭画ドローイングとよく似ていた。

 

1986年3月6日、98歳で死去。オキーフの生前の遺言により、ゴースト・ランチ周辺の土地で火葬され、また灰が撒かれた。

■参考文献

Georgia O'Keeffe - Wikipedia