【作品解説】アンリ・マティス「緑の筋のあるマティス夫人の肖像」

緑の筋のあるマティス夫人の肖像 / Green Stripe

マティスの最も有名な前衛ポートレイト


アンリ・マティス「グリーン・ストライプ」(日本題:緑の筋のあるマティス夫人の肖像)(1905年)
アンリ・マティス「グリーン・ストライプ」(日本題:緑の筋のあるマティス夫人の肖像)(1905年)

概要


作者 アンリ・マティス
制作年 1905年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 40.5 cm × 32.5 cm
コレクション コペンハーゲン国立美術館

「緑の筋のあるマティス夫人の肖像」は、1905年にアンリ・マティスによって制作された油彩作品。アンリ・マティスの代表作であり、20世紀初頭の前衛ポートレイト作品の代表。40.5cm×32.5cm。現在はデンマークのコペンハーゲン美術館が所蔵している。

 

フォーヴィスムを代表する作品の1つで、伝統に縛られない色彩の自立、画家の感情が造形よりも強烈な色彩で表現している。

 

顔の真ん中に太い緑のすじが描きこまれており、顔の左右、背景の左右と上下は赤や緑を中心として黄、紫、紺などの原色の激しい筆使いで描かれている。明るい色と冷たい色を同時に強調して使うことにより、マティス自身、またはマティス夫人の内面を表現している。

 

モデルはマティス夫人ことアメリー・パレイルである。アメリーの顔は実際はこんな顔ではないがが、アメリーの印象を説明するためにこのような表現になったという。

 

マティスは作品について「こんな人に出会ったら私も逃げ出すだろう」と他人事のように話している。

画面中央がマティス夫人。左はマティス。
画面中央がマティス夫人。左はマティス。

あわせて読みたい

帽子の女
帽子の女
赤いハーモニー
赤いハーモニー
ダンス
ダンス
生きる喜び
生きる喜び