【作品解説】マルセル・デュシャン「階段を降りる裸体 No.2」

階段を降りる裸体 No.2 / Nude Descending A Staircase, No. 2

キュビスム時代の集大成でデュシャンの出世作


マルセル・デュシャン「階段を降りる裸体No.2」(1912年)
マルセル・デュシャン「階段を降りる裸体No.2」(1912年)

概要


作者 マルセル・デュシャン
制作年 1912年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 147 cm × 89.2 cm
コレクション フィラデルフィア美術館

「階段を降りる裸体No.2」は、1912年にマルセル・デュシャンによって制作された油彩作品。147 cm × 89.2 cm。現在、フィラデルフィア美術館内のルイス&ウォルター・アレンズバーグコレクションに所蔵されている。

 

本作はパブロ・ピカソの「アヴィニョンの娘たち」と並んで、最も近代美術を代表する作品の1つと広くみなされている。

 

1912年、パリのサロン・デ・アンデパンダンのときに初公開されたが、当時はデュシャンが所属していたキュビスム・グループから未来派とみなされ酷評された。その後、1912年4月20日から5月10日までバルセロナのダルマウ画廊が開催したキュビスム・グループ展で展示。

 

しかし1913年に、ニューヨークのアーモリー・ショーで展示を行った際に大変なセンセーショナルを巻き起こした。また1913年に出版されたギヨーム・アポリネールの美術批評集『キュビスムの画家たち』に掲載されて、次第に注目を集めるようになる。

キュビスムを基盤にして制作


本作は一見したところ黄土色と茶色を中心に人物の抽象的な動きを表現したものとなっている。キュビスム未来派を融合させた状態のもので、デュシャンはこの作品で連続した人物イメージを重ねることで「動き」を表現しようとした。

 

1912年の発表した当時は、ピカソが1907年に発表した「アヴィニョンの娘」から始まったキュビスム・ムーブメントがちょうど下火になり始めているころだった。

 

キュビスムとは、ある対象をバラバラに分解し、分対象の特徴的なパーツを強調して再構成する手法である。万華鏡をのぞいた時の感じに近いともいえるが、細分化された個々のパーツにシンメトリーのような法則性はない点が異なる。

 

「階段を降りる裸体No.2」は、このキュビスム的手法を下敷きにして描かれている。デュシャンは元々キュビスム出身の画家で、パリのキュビズム派「セクション・ドール」と関わりの深い芸術家だった。ちなみにデュシャンの実兄であるジャック・ヴィヨンがセクション・ドールの中心的な人物だった。

時間を分解して平面的に表現


エドワード・マイブリッジ「階段を降りる女性」(1887年)
エドワード・マイブリッジ「階段を降りる女性」(1887年)

「階段を降りる裸体 No.2」が、これまでのキュビスムと異なるのは、「動き」「時間」といった四次元的な要素を分解して表現しようとした点である。二次元の画面に、三次元的立体性に加えて、さらに四次元性の時間的連続性を絵画に導入したのが大きなポイントとなる。

 

ちょうど同年の1912年に、デュシャンと同じく「動き」を表現する前衛芸術のグループ「未来派」が誕生しているが、デュシャンはそれより1年前にすでに油彩で「階段を降りる裸体」の下描きを描いているため、未来派の影響は受けていない。偶然、未来派と同じような表現を始めていたといってよいだろう。

 

また未来派の「動き」の概念とも異なる。未来派の「動き」の表現はイリュージョン的で、スピードを表現するような誇張的なものである。漫画でよくある足を何本も描くことで走っているように見せる表現というのが未来派の表現です。

 

対して、デュシャンの「動き」の表現は客観的で科学的な分析のようなものです。それは、変化していく対象の静止した表象の連続を写し取るもので、連続写真撮影やモーション・ピクチャーに近いものである

 

本作を制作する上で影響を受けていると思われるものはある。フランスの生理学者で連続写真撮影機を発明したエティエンヌ=ジュール・マレーや、エドワード・マイブリッジが1887年に出版した「The Human Figure in Motion」内の「階段を降りる女性」の写真シリーズである。

未来派の画家ジャコモ・バッラ「つながれた犬のダイナミズム」。日本の漫画でキャラが走るときや手を動かす際にこのような表現が見られる。
未来派の画家ジャコモ・バッラ「つながれた犬のダイナミズム」。日本の漫画でキャラが走るときや手を動かす際にこのような表現が見られる。
エドワード・マイブリッジ「階段を降りる女性」(1887年)。デュシャンが影響を受けているのはこちらのほう。
エドワード・マイブリッジ「階段を降りる女性」(1887年)。デュシャンが影響を受けているのはこちらのほう。

ニューヨークで大反響


「階段を降りる裸体 No.2」は、1912年にパリのアンデパンダン展で始めて展示されたが、当時は大変な反発を受けた。おもな理由はその表題のせいだという。「階段を降りる裸体」とは、たいへんエロティックな興味をそそるタイトルだが、画面には裸体が見当たらない。それは仕方がない。デュシャンは、運動とともに変容する時空と物体を「線の移動」の連続として表現しているからである。

 

同展に参加していたデュシャンの兄たちは、仲間達からの苦情もありタイトルを変更するようデュシャンに要請したが、デュシャンはそれを拒否。なぜなら、アンデパンダン展にはもともと審査がないからである。美術史家のピーター·ブルックによると、当時本作を展示するかしないか、またはキュビスム・グループとして出品するかしないか、タイトルを変更するかしないかという論争があったという。

 

デュシャンはのちに「私は兄のクレームに何も反論していない。クレームがあったとき、私はすぐにタクシーで会場にいって自分の作品を外して持ち帰った。この事件は私の人生におけるターニングポイントだったとおもう。私はその事件のあとキュビスム・グループへの関心がまったくなくなった」と話してる。

 

翌年1913年にニューヨークのアーモリー・ショーで「階段を降りる裸体.No2」を展示する。この展覧会は公式には「国際近代美術展」という企画で、当時のアメリカの近代美術家と、パリで流行の近代美術が一同に集められた最初の主要な展覧会だった。

 

展示中に本作は、サンフランシスコの弁護士で画商のフレデリック・C・トレイが買い上げ、バークレイの自宅の階段の側に飾っていた。1919年にルイス&ウォルター・アレンズバーグ夫妻に売却され、1954年にフィラデルフィア美術館に遺贈された。

1913年アーモリー・ショー。キュビズムグループ展示。右から二番目が「階段を降りる裸体 No.2」
1913年アーモリー・ショー。キュビズムグループ展示。右から二番目が「階段を降りる裸体 No.2」
「階段を降りる裸体 No2」のパロディで地下鉄のラッシュを表したもの。「The New York Evening Sun」(1913年3月20日号)
「階段を降りる裸体 No2」のパロディで地下鉄のラッシュを表したもの。「The New York Evening Sun」(1913年3月20日号)
フレデリック・C・トレイの自宅に飾られてた頃の「階段を降りる裸体 No.2」
フレデリック・C・トレイの自宅に飾られてた頃の「階段を降りる裸体 No.2」

あわせて読みたい

彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも
彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも
L.H.O.O.Q
L.H.O.O.Q
泉
自転車の車輪
自転車の車輪