【完全解説】ポール・セザンヌ「ピカソやキュビズムに影響を与えた後期印象派の巨匠」

ポール・セザンヌ / Paul Cézanne

19世紀から20世紀の近代美術の架け橋


ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」(1887年)
ポール・セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」(1887年)

概要


生年月日 1839年1月19日
死没月日 1906年10月22日
国籍 フランス
表現形式 絵画
ムーブメント 後期印象派
関連サイト

The Art Story(略歴)

WikiArt(作品)

ポール・セザンヌ(1839年1月19日-1906年10月22日)はフランスの画家。後期印象派の画家。

 

セザンヌは19世紀の印象派から20世紀初頭の前衛運動の架け橋を築いた画家として評価される。特にキュビスムのにおける芸術概念の基礎となった。

 

セザンヌは複雑な画面を生成するために小さな筆致や平面的な色使いを行う。マティスととピカソはスザンヌについて"近代美術の父"と述べている。

作品解説


カード遊びをする人々
カード遊びをする人々

略歴


幼少期


セザンヌはサン・ソヴール出身である。1839年1月19日にエクス=アン=プロヴァンスで生まれた。2月22日にセザンヌは、養い親である祖母と叔父のルイからマドレーヌ寺院で洗礼を受け、敬虔なカトリック教徒になった。

 

父(1798-1886)はサン=ザシャリー生まれで、セザンヌ・エ・カバソル銀行の共同設立者で銀行はセザンヌが生存中に発展したため、セザンヌは生活の保障が与えられ、最終的には巨額の遺産を相続した。セザンヌの母親のアン・エリザベス・オナーベルト(1814-1897)は、元気でロマンチストだったがすぐに罪深い行為を行った。

 

セザンヌが自身の概念やライフスタイルを得たのは彼女からである。また、セザンヌぬは二人の妹、マリーとローズがいた。

 

10歳のときセザンヌは、聖ジョゼフ・スクールに入学。1852年にセザンヌはブルボン大学に入学し、エミール・ゾラやバティスタン・バイユと知り合うようになる。セザンヌは6年間学校にいたが、最後の2年は学者として過ごした。

 

1857年にドローイング自由私立学校に入学し、スペイン人修道士であるジョゼフ・ジベルトのもとで学んだ。1858年から1861年まで、父親の希望もあってエックス大学法学部に通い、またドローイングの授業も受けた。父のあとをついで銀行員になることに反発し、セザンヌは芸術家を志す。そうして1861年にエックスを去り、パリへ移った。

 

当時すでにパリに住んでいたゾラがセザンヌに芸術家になることを強く勧めたという。最終的にセザンヌは父と和解し、40万フランの遺産を受け継ぎ、経済問題から解放されるようになった。

パリへ


パリでセザンヌは印象派のカミーユ・ピサロと出会う。当初、ピサロとセザンヌの間で1860年代に形成された友情は、師匠と弟子の関係だった。ピサロはセザンヌに造形的な部分で影響を与えた。次の10年でルーヴシエンヌやポントワーズでふたりで風景画を描く旅をし、協働創作的な関係になり始めた。

 

セザンヌの初期作品は、風景と人物の内面が関連しており、人物は暗く重い空気で、全体的に想像力で描いている。ロマン主義的な描き方といってよいだろう。のちにセザンヌは、直接観察で描くことに関心を持つようになり、色味は徐々に明るくなっていった。

 

人生を通じてセザンヌは、最も正確に世界の写し取れる表現方法を見つけることに苦心していた。そうした結果、セザンヌは単純なフォルムと平面的な色合いで構造を処理するようになった。

キュビズム理論の基盤


セザンヌは自然を幾何学的要素の形態に単純化することに関心があった。セザンヌは「円筒、球、円錐で自然を表現したい。たとえば木の幹は、円柱、りんご、オレンジの球で構成される」と話している。

 

さらにセザンヌは「知覚の真理」を把握したいと考えていたため、複数の視点での美術的表現を探求し、1つの対象でもわずかに異なる表現を同時に鑑賞者に味わせる表現方法を探っていた。このセザンヌの美術思想は、そのままのちにキュビスムに受け継がれる。