【作品解説】ポール・ゴーギャン「死者の霊が見ている」

死者の霊が見ている / Spirit of the Dead Watching

タヒチのオリンピアとして名高い傑作


ポール・ゴーギャン「死者の霊が見ている」(1892年)
ポール・ゴーギャン「死者の霊が見ている」(1892年)

概要


作者 ポール・ゴーギャン
制作年 1892年
メディウム 油彩、キャンバス
サイズ 116.05 cm × 134.62 cm
コレクション オルブライト=ノックス美術館

「死者の霊が見ている」は、1892年にポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。うつ伏せに寝ているタヒチの少女のヌードを描いている。老婆が少女の後ろに座っているのが見えるがこれは死霊である。ゴーギャンは少女が死霊(ツパパウ)を想像しているか、もしくは死霊(ツパパウ)が少女を見つめているか、どちらかの意味でこのタイトルを付けたと考えられている。

 

絵の主題は、タヒチのゴーギャンの愛人で13歳の少女テウラである。ある夜のこと、ゴーギャンは「彼女が夜遅く帰ってきて、怖れるようにベッドに寝そべり、動かず、裸でうつ伏せになった。彼女は恐れた目で自分を見つめていた。たぶん彼女はタヒチの死霊のツパパウと遭遇して、恐ろしい出来事にあい、怯えているのだろう。私にも彼女の恐れが伝染してきた」と書いている。

 

タヒチの現地民は伝統的に死霊に対して大きな恐れを抱いていた。そうして、テウラの背後にタヒチの死霊ツパパウをゴーギャンは描いた。

マネの「オリンピア」


ゴーギャンはマネの「オリンピア」を賞賛しており、本作品は「オリンピア」の構図を引用しているのは明らかである。ゴーギャンは1891年にマネの「オリンピア」の4分の3サイズの複製品も制作している。

 

1893年ポール・デュラン=リュエルの展覧会で、未完成の「死者の霊が見ている」が展示されたとき、批評家たちの何人かは「オリンピア」とよく似た構図であると批評をしている。

 

アート誌『La Revue Blanche』創設者のタデ・ナタソンはこの作品を「タヒチのオリンピア」と呼んだ。また、アルフレッド・ジャリは「茶色のオリンピア」と名付けた。

 

また、批評家のなかにはマネの「オリンピア」だけでなく、後背位や少年のような肢体から、17世紀の彫刻作品「眠れるヘルマプロディートス」も引用していると指摘する。両性具有描写は、ポリネシアの世界観を表現していると考えられている。

ゴーギャンによる「オリンピア」の複製作品(1891年)
ゴーギャンによる「オリンピア」の複製作品(1891年)
眠れるヘルマプロディートス
眠れるヘルマプロディートス

"怖れるイブ"シリーズの延長作品


「ブルターニュのイヴ」(1889年0
「ブルターニュのイヴ」(1889年0

美術史家のナンシー・モウェル・マシューズは、この絵は1889年ゴーギャンが描いた"怖れるイブ"シリーズの延長線上にある作品だと指摘している。

 

ゴーギャンは1889年に「ブルターニュのイブ」を制作し、1889年のヴォルフ二展で展示した。この絵画では蛇に恐れている表情のイブを表現し、堕落前の純粋である伝統的なキリスト教の主題を再解釈した。

 

1892年12月8日のゴーギャンの手紙には「私は裸の少女を描いた。このうつぶせ姿は彼女のせいいっぱいのエロティシズムだ。しかし私はこのラインや動作が面白いと思った」その後、少女の感情を表現する必要があったので、ゴーギャンは少女の恐怖を表現するために死霊を描くことにしたが、のちに自伝『ノアノア』では、ゴーギャン自身が彼女の恐れの対象にしたと付け加えている。

 

マシューズは単純に彼女はタヒチの伝統文化にあらわれる死霊を怖れていると考えてはいけないという。ゴーギャンに対する怖れが大きいという。ゴーギャンはもともと性的偏見があり、作品を理解するにはゴーギャンの人種差別主義やミソジニー(女性嫌悪)を無視してはならず、テウラの恐怖対象は暴力的なゴーギャンのふるまいであると指摘する。ゴーギャンには妻のメテへのDV疑惑があったので、少女もまたゴーギャンの暴力に怯えている可能性があると指摘する。

 

ノースウェスタン大学の美術史家教授のスティーブンF.エイゼンマンは、この絵画と内容は「植民地的人種差別と女性嫌悪の大百科である」という。エイゼンマンの本『ゴーギャンの周辺』では、ゴーギャン作品における政治性や性描写に対する従来の見方に異義を唱えたものとなっている。


関連記事