【完全解説】ダミアン・ハースト「生と死」

ダミアン・ハースト / Damien Hirst

生と死


「The Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Living」
「The Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Living」

概要


生年月日 1965年6月7日
国籍  イギリス
スタイル コンセプチュアル・アート、インスタレーション・アート、絵画
ムーブメント ヤング・ブリティッシュ・アーティスト
支援者 チャールズ・サーチ(コレクター)、ニコラス・セロータ(テート館長)、ラリー・ガゴシアン(画商)
公式サイト http://www.damienhirst.com

ダミアン・ハースト(1965年6月7日生まれ)はイギリスのアーティスト、実業家、コレクター。「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)」の主要メンバーで、1990年代のイギリス・アートシーンに貢献。

 

イギリスで最も金持ちなアーティストであり、2012年の『サンデー・タイムズ・リッチリスト』によると、彼の財産は約10億ドルだといわれている。1990年代にハーストの活動はコレクターのチャールズ・サーチと密接な関係にあったが、摩擦があって2003年には関係は終わっている。

 

「死」はハースト作品の主要テーマである。ハーストはホルマリン漬けされた動物作品(サメ、羊、牛など)シリーズ『自然史』が有名になったきっかけだといわれる。最もよく知られている作品は、4.3メートルのイタチザメを透明ケース内にホルマリン漬けして保存した『生者の心における死の物理的な不可能』。

 

2008年9月にハーストは、ビジネスとしてアート活動を行う芸術家として前例のない行動を取り始めた。ハーストはギャラリーやディーラーを通さず「Beautiful Inside My Head Forever」を直接サザビーズのオークションにかけた。芸術家が自身の作品を直接オークションにかけて売る行為はサザビーズの歴史的にも始まって以来のことだった。

 

結果は約144億ドル(約211億円)で落札され、一人の芸術家の落札総額で史上最高額を最速で記録した。もう一つのホルマリン漬けの目玉である金の子牛は、1030万ポンド(約19億円)で落札された。

 

作品


神は愛のために
神は愛のために

略歴


若齢期


ダミアン・ハーストはイギリスのブリストルに生まれリーズで育った。

 

伝えられているところによると、父は車整備士でハーストが12歳のときに離婚し、家から出て行ったという。母親のメアリー・ブレナンは北アイルランドの少数派カトリック教徒で、慈善団体「市民の声」で働いていた。

 

ハーストの母親は、幼少時代のハーストをうまく教育できなかったと話している。ハーストは子供のころ万引きで2回逮捕されている。ハーストによれば、母親は厳しい人で寛容性のない人のように感じていたという。母親はハーストのボンデージ・パンツを引き裂いたり、セックス・ピストルズのアナログ・レコードをレンジで焼き、野菜ボウルやプラントポットに捨てたり、異常な行動をとっていたという。

 

荒れた幼少時代を過ごしながらも、ハーストはリーズ美術大学に入学して学ぶ機会を得る。1983年にハイワード・ギャラリーで、ジュリアン・スポルディング企画によるフランシス・デビジョン作品の展示を鑑賞。デビジョンはちぎり紙や色付けした紙で抽象コラージュを制作しており、それを見てハーストは大変な感銘を受ける。その後2年間、コラージュを探求するようになった。

 

ロンドンで2年ほど働いた後、ゴールドスミス・カレッジに入学(1986-89)。学生の間、ハーストは遺体安置所で働いていたが、このときの経験が後のハースとのアートのテーマやメディウムに大きな影響を与えた

 

 

倉庫時代


1988年7月、ゴールドスミス大学2年生のときにハーストは、ロンドンドックランズのロンドン港湾局行政地区内の使用されていない倉庫で、生徒たちのグループ展『Freeze』を企画する。これがヤング・ブリティッシュ・アーティスト(Young British Artists; YBAs)である。

 

このとき、ロンドンドックランズ開発公社からスポンサー協力を得ることに成功し、さらに展示会にはチャールズ・サーチ、ノーマン・ローゼンタール、ニコラス・セロータといった英国美術業界のアートパワーたちが訪問した。ハーストと彼らアートパワーの繋ぎをしていたのはゴールドスミス大学の教師マイケル・クレイグ・マーティンだった。

 

これは画廊でも美術館でもない、安く使える倉庫跡などの「オルタナティブ・スペース」を使ったアーティスト企画型の展覧会の皮切りになり、倉庫を占拠してレイヴパーティーを行うなどといった当時のサブカルチャーとも結びついた。

 

卒業後にハーストはケンブリッジのケトルズヤードハウスギャラリーのグループ展『新現代美術』に参加。

 

1990年にハーストは友人のカール・フリードマンとビリー・セルマンらと『近代医学』や『ギャンブラー』という2つの重要な倉庫展示を企画する。ロンドンのバーモンジーの空き工場、ビルディング・ワンで開催した。『モダン・メディスン』展にあたって、チャールズ・サーチほかイギリスのアートパワーから1,000ポンドの資金調達に成功した。

 

『ギャンブラー』では、チャールズ・サーチが緑のロールス・ロイスでやってきたという。フリードマンによれば、サーチはハーストの最初の主要な“動物”インスタレーション作品『1000年』を見て、唖然として立ち尽くしていたという。『1000年』は大きなガラスケースの中に死んだ牛の頭が設置されており、周囲にウジ虫が群がっているものだった。なおこの展示ではほかにミハエル・ランディの初個展『市場』も開催された。

 

1991年にハーストは初個展を開催。企画者はタマラ・チョッドツコで、個展タイトルは『Dial, In and Out of Love』。場所はロンドン中央のウッドストック通りにある誰も使用していない店だった。

 

その後、ロンドン現代美術研究所やパリのエマニュエル・ペロタンでも個展を開催。サーペンタイン・ギャラリーは、ハーストのキュレーションによる『ブロークン・イングリッシュ』というイギリスの若い世代を紹介する展示を開催した。このときハーストは、後に熱い友情を交わすことになる画商のジョイ・ジョプリングと出会った。

「Freeze」(1988年)。ハーストは左から2番目。
「Freeze」(1988年)。ハーストは左から2番目。
『1000年』(1990年)
『1000年』(1990年)

現代美術の時代


1991年、チャールズ・サーチはハーストの作品制作資金のスポンサーとなり、1992年に北ロンドンのサーチ・ギャラリーで最初のヤング・ブリティッシュ・アーティストの展覧会を開催。

 

この展覧会で、ハーストの作品『生者の心における死の物理的な不可能』が展示される。4.3メートルのイタチザメを透明ケース内にホルマリン漬けして保存した作品で、5万ポンドで売買された。

 

サメ自体は6000ポンドかけてオーストラリアの漁師に依頼して捕獲したという。この展示会は結果として、その年のターナー賞にノミネートされることになったが、グレンヴィル・デイビーに授与されることになった。

 

ハーストの最初の大きな国際展示は、1993年のヴィネチア・ヴィエンナーレ。縦に真っ二つに切断された牛と子牛をホルマリン漬けにした作品『母と子、分断されて』が展示された。

 

1994年にはロンドンのサーペンタイン・ギャラリーで『Some Went Mad, Some Ran Away』展を企画し、羊のホルマリン漬け作品『群れから離れて』を展示したが、5月9日にオックスフォード出身の35歳のアーティストマーク・ブリジャーが、タンクに黒インクを注ぎ『黒い羊』に改題した。彼はその後、起訴されることになり、2年間の執行猶予が与えられることになった。作品は1000ポンドかけて修復された。

 

1995年にハーストはターナー賞を受賞。

 

ニューヨーク公衆衛生当局は、死んだ牡牛と雌牛に焦点を当てた作品『2つのファックと2つの鑑賞者』を、来場者が恐怖心と嘔吐を起こすため展示を禁止。この作品はソウル、ロンドン、ザルツブルクでも展示された。

 

ハーストはバンド『Blur』の楽曲『Country House』のミュージックビデオを制作。

 

1996年にニューヨークのガゴシアンギャラリーで大規模な初個展『No Sense of Absolute Corruption』が開催。

 

1997年に自伝『I Want To Spend the Rest of My Life Everywhere, with Everyone, One to One, Always, Forever, Now』を出版。

 

バンド『Blur』のアレックス・ジェームズや俳優のキース・アレンとともにバンド『Fat Les』を結成し、ロンドンゲイ男性合唱団による『エルサレム(聖火)』のフォローアップで、1998年FIFAワールドカップのテーマ『Vindaloo』を作曲し、ランキングチャート2位を達成した。

 

ハーストはビーグル2号探査機の部品にシンプルなカラーパターンを描いた。このパターンは火星に到着したときに、探査カメラで使用された。

 

1999年のヴィネチア・ビエンナーレでイギリス芸術回顧展に英国文化振興会から招待されたものの、ハーストは「正しいと思っていない」かったことを理由に招待を拒否した。またブリティッシュ・エアウェイズに対して著作権侵害を主張した。

『生者の心における死の物理的な不可能』(1991年)
『生者の心における死の物理的な不可能』(1991年)
『母と子、分断されて』(1993年)
『母と子、分断されて』(1993年)
『群れから離れて』(1994年)
『群れから離れて』(1994年)

2000年以降


2000年にハーストの彫刻『賛美歌』は、35cmの解剖学玩具を5.5mに巨大化した作品で、ギャラリーでの展示『Ant Noises』で最も注目を集める作品となったが、のちに著作権違反で訴えられることになった。ハーストはこの彫刻とよく似た作品を3作制作して販売している。

 

2000年9月、ニューヨークでラリー・ガゴシアンはハーストの個展『ダミアン・ハースト:モデル、手段、方法、前提、結果と発見』を開催。12週間で10万人以上の人が会場を訪れ、作品は完売した。

 

2002年9月10日、9月11日のアメリカ同時多発テロの最初の記念日の夜、ハーストはBBCのインタビューに「9.11事件は、この事件そのものがアート作品のように思える。最悪なことだったが、ビジュアル的には衝撃を与える方法だった。」とコメントして顰蹙を買い、次の週に謝罪コメントを発表した。

 

 

1995年にグランストバリでジョー・ストラマーと出会い、親友となり、年に一度は家族とともに休暇を楽しんだ。2002年にクリスマス直前、ストラマーは心臓発作で死亡。ハーストは大きなショックを受け「初めて人間は死ぬべきもの」と感じたという。

 

2003年4月に、サーチ・ギャラリーはロンドンのカントリーホールに新しい施設をオープンし、ハーストの回顧展を開催したが、サーチとの関係に亀裂を生じさせる結果となった。また、これが原因でテートでの回顧展の企画がぶち壊しにもなった。

 

2003年9月に、ハーストはロンドンのホワイトキューブギャラリーで、個展『不確実性時代のロマンス』を開催。6.7メートル、6トンもの巨大彫刻『チャリティ』は1500万ポンドで韓国人コレクターのキム・チャンⅡが購入。ソウルにある彼のギャラリーに展示されることになった。これは1960年代の英国病社会を表現したものだという。

 

2006年2月に、メキシコのヒラリオ・ギャラグレ・ギャラリーで『神の死-愚か者の船にる神なしの生活をよりよく理解する方向へ』を開催。この展示はラテン・アメリカにおけるハーストの初個展として多くのメディアから反響があった。同年6月にロンドンのガゴシアンギャラリーでフランシス・ベーコンの作品と並列してハースト作品が展示された。ベーコンの3連画から影響を受けた『孤独の静寂』

 

2008年11月、骸骨はアムステルダム国立美術館で展示された。

 

2013年1月、ダミアン・ハーストは『ブリット・アワード』記念碑のデザインを担当。ハーストの「スポット・ペインティング」がデザインされたものとなった。

 

2014年10月1日、ポール・ストルパーギャラリー でハーストは『統合失調症ジェネリクス』という大規模なカプセル剤、ピル、医療器具を使った展示を開催した。

『Hymn』(2005年)
『Hymn』(2005年)
『チャリティ』(2003年)
『チャリティ』(2003年)