サルバドール・ダリ「魚釣り」

魚釣り / Tuna Fishing

ダリ最後のマスター・ピース


概要


「魚釣り」は、1966年から1967年にかけてサルバドール・ダリによって制作された油彩作品でダリの最後の代表作。


絵には激しい闘争をする複数の男性と大きな魚が混沌とした状態で描かれている。中央の男が持つ黄金のナイフをさかなに突き刺すと、青い海が血で赤く変化する。


19世紀のフランス古典主義で戦争画を写実的に描いた画家ジャン・ルイ・エルネスト・メッソニエへの献呈的な作品である。ダリによれば、男たちと殺されている魚は宇宙を擬人化したもので、この世は定期的に、圧縮され、半狂乱的で、有限性の狭い空間へと変貌するという。


技術としてはシュルレアリスムが中心だが、ほかにもアクション・ペインティング、オプ・アート、ポップ・アート、サイケデリック、点描、タシスムなど、当時の現代美術や視覚芸術文化で流行していたさまざまな技法や、ダリの40年におよぶ画業で使われた技術が混合されている。