【作品解説】サルバドール・ダリ「フィゲラス付近の風景」

フィゲラス付近の風景 / Landscape Near Figueras

印象派に影響が大きいダリ6歳のときの作品


概要


「フィゲラス付近の風景」は、1910年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品。ダリの最も初期の作品の1つとして知られており、6歳のときに描いたものである。14cm✕9cmのポストカードサイズの小さな作品。


絵描きとしてのダリのキャリアの始まりは、印象派から大きな影響を受けており、この絵はダリの印象派時代の作品の代表作の1つである。


ダリは前衛芸術に関心を示す前、バロックや印象主義や古典主義といった西洋古典美術に忠実に従ってきた。そのような古典絵画に忠実だったことが分かる作品である。


これ以降の10年、1920年ごろまでダリはキュビスムやシュルレアリスムなど、当時の前衛芸術に関心を持ち始め、鮮やかな色と光を取り入れる。