カジミール・マレーヴィッチ

カジミール・マレーヴィッチ / Kazimir Malevich

シュプレマティズムの旗手


「黒い視覚」(1915年)
「黒い視覚」(1915年)

概要


生年月日 1878年2月23日
死没月日 1935年5月15日
国籍 ロシア、ソビエト連邦
表現媒体 絵画
スタイル シュプレマティズム

カジミール・マレーヴィッチ(1878年2月23日-1935年5月15日)はロシアの画家、美術理論家。ロシア・アヴァンギャルドの1つ「シュプレマティズム」の代表的な抽象芸術家として知られる。

 

1904年に父親が死ぬとモスクワへ移り、モスクワ絵画・彫刻・建築学校に入学。ロシアの前衛芸術家をはじめ、キュビズム、未来派などさまざま前衛芸術の影響を受けて、自らはそれら複数のスタイルを融合させた「立体未来主義(クボ・フトゥリズム)」を標榜した展覧会「標的展」を開催する。

 

1915年に「シュプレマティズム(絶対主義、至高主義)」を打ち立てる。マニフェストとして『キュビスムからシュプレマティズム』を出版。シュプレマティズムでは、対象物を描くという制約から解き放たれた絵画は絶対的自由を獲得し、抽象作品の到達点である「無対象絵画」になるという。代表作品は1915年の『黒い視覚』や1918年の『白の上に白』

 

このマレーヴィチの美術理論は、1917年のウラジミール・レーニンによるロシア革命後、ウラジミール・マヤコフスキーが結成した「ロシア・アヴァンギャルド」やアレクセイ・ガンを理論的基盤とする「ロシア構成主義」へと受け継がれる。

 

1935年5月15日、77歳でがんで死去。

『白の上に白』(1918年)
『白の上に白』(1918年)
『シュプレマティズム』(1916年)
『シュプレマティズム』(1916年)
『モスクワの英国紳士』(1914年)
『モスクワの英国紳士』(1914年)

あわせて読みたい

ロシア・アヴァンギャルド
ロシア・アヴァンギャルド
アレクサンドル・ロトチェンコ
アレクサンドル・ロトチェンコ
エル・リシツキー
エル・リシツキー
マルク・シャガール
マルク・シャガール